タグ:桜田淳子 ( 5 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

桜田淳子『化粧』(1981年)作詞作曲:中島みゆき★22歳のお美しさ!感動の女優:桜田淳子ならではの名歌♪

懸賞 2011年 02月 09日 懸賞

c0222662_763283.jpg

A面 化粧
作詞・作曲:中島みゆき 編曲:大村雅朗
B面 夢追い
作詞:麻木かおる 作曲:小田裕一郎 編曲:信田かずお
1981年 33作目のシングル

★桜田淳子を続けます。中島みゆきによる楽曲で大好きな『化粧』(1981年元旦発売)です。淳子ちゃんも22歳になられました。もうすっかり淳子さんといった雰囲気。けれど、私はずっと少女の持つ潔癖性というものをこの桜田淳子というお方に感じ続けて来たので、自分でこれまで思っていた以上に大きな存在だったように、こうして綴っていると感じます。私は今もまだ私的な少女幻想に囚われているのかもしれない。私も潔癖性の強い少女時代を送って来たもので、これらの思いは簡単に綴れないけれど、それも私の人生である。今はすっかり年月を経たけれど、私の少女時代の想い出がそっくりぴったりと合致してしまうのです。そんな多感な時期を桜田淳子というお方と同じ時代を生きていたこと、郷ひろみという存在と今も一緒に歳を重ねていられることはしわせに想えます。人それぞれの生き方や考え方、感じ方があるけれど、私はどうしても子供の頃の想い出たちが一緒なので、時間軸が揺れ動き、幼き頃と今が往来してしまうのです。

この『化粧』という素晴らしく劇的な歌。流石の中島みゆき世界!大好きな桜田淳子ヴァージョンを2つ掲載させて頂きます。どちらの淳子ちゃんも大好きですが、特に2つ目の23歳になられたお姿は艶やかであり、かつ何か運命を背負っているかのような、光の傍らに在る哀しみのようなもの、それも「美」であるので、ただただ複雑な感慨深い想いに浸ってしまいますがお綺麗です♪

化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど
せめて今夜だけでも きれいになりたい
今夜あたしは あんたに逢いにゆくから
最後の最後に 逢いにゆくから


★落ち着いた品格がありお綺麗です☆桜田淳子/化粧(1981年)♪


★和装姿の美麗さよ!細く美しい指先の動きと憂い☆桜田淳子/化粧(1981年)♪

[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-09 07:25 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

桜田淳子『しあわせ芝居』(1977年)作詞作曲:中島みゆき★19歳になった淳子ちゃんの名曲にまたしても涙♪

懸賞 2011年 02月 09日 懸賞

c0222662_5293572.jpg

A面 しあわせ芝居
作詞・作曲:中島みゆき 編曲:船山基紀
B面 晩秋
作詞・作曲・編曲:穂口雄右
1977年 21作目のシングル

★桜田淳子の『しあわせ芝居』が発売された頃は、もう発売日にシングルを購入するようになっていた。郷ひろみと桜田淳子のシングルは共にそんな感じ。自転車に乗れない母のお買いものに付き添い、荷物を持つというのが私の小学生から高校生の頃までは任務でもあった。けれど、必ず何かひとつ買って貰えるのだった。なので、この頃買っていたレコードの大半は母とのお買いものとの想い出が共にある。小さな弟は2つ、3つと欲しいものが多くてなかなか一つが選べずベソをかいていた。この『しあわせ芝居』も伊丹の商店街のレコード屋さんで購入。こんな日は早くお家に帰りたくてわくわくしていた。私一人なら自転車でさっさと帰宅出来るのだけれど、母はバスなので一緒に帰るのだった。帰宅して、初めてレコードに針を置く、あの瞬間!歌詞を追いながら聴く。ああ!またしても淳子ちゃんの歌で泣いてしまった。恋愛というものを少女マンガの中で疑似体験している頃で、今聴く思いとも違っていたはずだけれど、この『しあわせ芝居』の中の主人公の女性の心をその頃の私なりになにか感じていたのだろう。物悲しい恋歌。子供の頃から、悲恋物語が好きな傾向ではあったけれど、とにかく、淳子ちゃんの歌や語り、お芝居で涙した回数は多い。

この頃の淳子ちゃんは19歳になられ、阿久悠&中村泰士、阿久悠&森田公一時代から中島みゆきの曲を歌う時代となってゆく。阿久悠先生は淳子ちゃんのデビュー前からずっとこの稀有なる少女を見守っておられた。少女を愛でる気持ち、そしてその少女が大人になってゆく姿を見つめながら。中島みゆきさんは『わかれうた』が同じ頃大ヒット!何かのインタビューで、その中島みゆきさんが、「桜田淳子さんにとても影響を受けています」というようなお話をされていた。嬉しかった!女性ならではの感性というものがある。とんでもなく素晴らしい中島みゆき世界ながら、そのお方が影響を受けている。それは、元来併せ持つ淳子ちゃんの女優としての素養、表現力の豊かさがさらに向上していた時期でもあるのだから。淡々と失恋の物語が歌われる。それは綴られるというような感じで、私はこの『しあわせ芝居』によって中島みゆきにも興味を抱いたのである。LPも買い聴いていた。母もすっかり中島みゆきファンになっていたので共通の世界が持て嬉しかった♪

わたしみんな気づいてしまった
しあわせ芝居の舞台裏
逢いたがるのは私ひとり
あの人から来ることはない


★桜田淳子/しあわせ芝居(1977年)♪

[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-09 05:35 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

『あこがれ共同隊』郷ひろみ&西城秀樹&桜田淳子共演ドラマ★主題歌『風の街』山田パンダ(1975年)♪

懸賞 2011年 02月 08日 懸賞

c0222662_11591997.jpg
★先月、お友達との会話の中で出てきた懐かしい『あこがれ共同隊』というドラマのこと。彼女は当時は秀樹のファンだったけれど、今思うとひろみも可愛かったと。このドラマは郷ひろみ、西城秀樹、桜田淳子という、ビッグ・アイドル3人の共演ドラマだったのです。私の最も古い記憶のひろみ出演ドラマということになる。秀樹や淳子出演ドラマも同様にこの『あこがれ共同隊』が最初に観たもの。でも、"観ていた"のは間違いないのだけれど、ストーリー等ほとんど覚えていない。ひろみが主役っぽくて、秀樹と淳子ちゃんがカップルで、三田佳子さんがお綺麗で...など断片がちらほら。そこで、お世話になりっぱなしのYouTubeで検索すると、その主題歌であった『風の街』を発見!山田パンダというお方の名を知ったのもこのドラマである。何せ、子供だったので"フォークソング"も知らないし、かぐや姫というグループもまだ知らない頃だった。この曲を聴いているうちに、もう少し想い出せそうな、不思議なノスタルジーに包まれるかのようです。この歌の作曲者は吉田拓郎とあった。"拓郎"というと、『ムー』や『ムー一族』の中のひろみの役名であり、吉田拓郎さんは『よろしく哀愁』をカバーされてもいるので嬉しきお方。

そして、調べてみると下記のような情報を掲載してくださっていたので、新たな発見いっぱいです。知らないことだらけでしたが、この主題歌『風の街』のバックコーラスには山下達郎も参加とか、キョンキョンも子供の頃観ていたとか記されている。小泉今日子というとデビューから今もひろみと同じ事務所所属で妹的な存在として、まだ小さなバーニング事務所の初期から活躍されているお方。当時はナベプロが一番大手の時代なので、今日のようなバーニングやジャニーズの逆転までの歩みを歌謡曲史として眺めてみると、やはり"郷ひろみ"というスーパー・アイドル&スターの存在(スタッフ方を含めて)の大きさを再認識いたします。勿論、秀樹も凄い人気だったし、淳子ちゃんも!しかし、それにしても、ひろみ&秀樹&淳子という、この超ハード・スケジュールであった組み合わせのドラマが実現していたことに驚いてしまう!そして、共演者たちの顔ぶれもとっても豪華!名優たちとフォーク界の大物たち。浅田美代子やシェリーも好きでした♪

『あこがれ共同隊』
1975年6月6日~9月26日まで、金曜日夜8時から1時間枠で放送されたテレビドラマ

【作品内容】
●東京原宿・表参道を舞台に、現代(当時)の若者たちの青春の生きざまを描く。縫製工場の見習いで主人公の八田広介(郷ひろみ)は、大企業の社長(高橋昌也)の息子だが父と衝突して独立。生活費を節約し、ファッション雑誌を読んで一流デザイナーを目指している。畠山竜也(西城秀樹)は酒屋の息子。不治の病に冒され、ジョギング中に発作を起こし、池にはまって命を落としてしまう(第7話までの出演)。畠山竜也の恋人役として桜田淳子がドラマ初主演。第1回には山口百恵もゲスト出演した。主題歌を歌った山田パンダも、原宿のジャズ喫茶のマスター役でレギュラー出演。南こうせつ、伊勢正三、イルカ、りりィ、吉田拓郎等、当時の人気フォークソング・アーティストも多数ゲスト出演した。

【キャスト】
郷ひろみ (八田広介・主人公)
西城秀樹 (畠山竜也・酒屋の息子)
桜田淳子 (黒沢明子・畠山竜也の恋人)
高橋昌也 (八田広介の父)
黒柳徹子 (畠山竜也の母)
三田佳子 (黒沢令子・黒沢明子の姉・八田広介の父の愛人)
田中邦衛 (八田広介の叔父)
森本レオ (志郎・畠山竜也の家の住み込み従業員)
シェリー (正子・志郎の恋人)
せんだみつお (海老蔵・黒沢令子の喫茶店のボーイ)
浅田美代子
長門裕之
黒沢久雄
常田富士男
山田パンダ
吉田拓郎
玉川良一

【スタッフ】
脚本:柴英三郎 、西条道彦、内田栄一
プロデューサー:大山勝美
演出:堀川敦厚、峰岸進、片島謙二、近藤邦勝
音楽:
主題歌:山田パンダ「風の街」(作詞:喜多条忠、作曲:吉田拓郎、編曲:瀬尾一三)
1975年6月発売
制作:TBS

参照・引用:wikipediaより


★ドラマ『あこがれ共同隊』の主題歌☆山田パンダ/風の街(1975年)♪

★上のお写真素敵です!ひろみと秀樹が肩を組み合っていて、淳子ちゃんと百恵ちゃんも可愛い!せんだみつおさんも面白かったなあ。また観てみたいです♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-08 11:49 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

桜田淳子『気まぐれヴィーナス/若い人のテーマ』1977年の名曲&主演映画の主題歌★19歳になった淳子ちゃん

懸賞 2011年 02月 07日 懸賞

c0222662_67814.jpg

A面 気まぐれヴィーナス
作詞:阿久悠 作曲:森田公一 編曲:船山基紀
B面 若い人のテーマ
作詞:阿久悠 作曲:森田公一 編曲:船山基紀
1977年 19作目のシングル

c0222662_14185018.jpg

★『気まぐれヴィーナス』は桜田淳子19枚目のシングルであり、淳子ちゃんも19歳になられました。阿久悠氏の歌詞も大人の階段をのぼってゆく少女の成長と共に詩的かつ微妙なニュアンスを散りばめているかのようです。この頃の淳子ちゃん、髪をショートにされ、お衣装も今までよりも大胆に変化されドキッ!でも決して上品さを失うことはなくキュートなのです。よく歌った(口ずさんだ)ものです。この頃になるとジュンコ仲間がクラスに何人か居ました。雑誌の交換をしたり、レコードをお家で一緒に聴いたりしていました。淳子ちゃんもとても絵のお上手なお方ですが、仲良しのお友達にイラストの上手な女の子が居て、彼女もノートの端っこによく淳子ちゃんの似顔絵などを書いては見せてくれました。ああ、懐かしいです!

B面は淳子ちゃん主演の映画『若い人』の主題歌『若い人のテーマ』が収録されています。阿久悠&森田公一コンビのヒット曲時代。残念ながら、この映画は未見です。淳子ちゃんの憧れの吉永小百合さんと共演されたもので、主人公の高校三年生の江波恵子役は嘗て吉永小百合さんも演じておられる。私は『病院坂の首縊りの家』(1979年)が淳子ちゃん出演映画の初見なので、これまた、もう少し早く生まれていたかった...なんて思います。思いを寄せる間崎慎太郎先生役は『太陽にほえろ!』の殿下こと小野寺昭と書かれています。監督は河崎義祐、原作は石坂洋次郎で、4度目の映画化だそうです。いつか観てみたいです♪


★とってもキュートでお綺麗な淳子ちゃん!桜田淳子/気まぐれヴィーナス(1977年)♪

[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-07 06:31 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

桜田淳子『花物語』(1973年)★初めて美しい乙女恋歌に涙した名曲!桜田淳子は私の少女時代の憧れのお方♪

懸賞 2011年 02月 05日 懸賞

c0222662_523790.jpg

A面 花物語
作詞:阿久悠 作曲:中村泰士 編曲:あかのたちお
B面 のっぽの恋人
作詞:阿久悠 作曲:中村泰士 編曲:高田弘
1973年 4作目のシングル

★2011年の今年。このブログでは私の少女時代と共にあった大好きなアイドルたちや素晴らしい楽曲たちのことを中心に出来るだけ更新してゆこうと思います。70年代から80年代前半頃までがまったくの個人的な「私的歌謡曲史」なのです。私の年齢も一桁の子供から10代の多感な思春期、そして青春期へという過程とまったく重なり合うのです。麻丘めぐみから一気に私の心を鷲掴みにしたお方!それは桜田淳子でした。"ジュンコちゃん"と幼い私はあの天使のような美少女アイドルに心躍る日々でした。なので、今でも当時から持っている古いレコードたちは想い出と共にあります。郷ひろみのレコード(CD)の次に多く持っているのが桜田淳子のレコード(CD)なのです。少女マンガが大好きだったので、当時人気のアイドルたちのページも掲載されていたものでした。雑誌の「明星」や「平凡」などの付録なども懐かしく思い出します。ひろみファンは友人のお姉さんたちに多かった。そして、年下の私に彼女たちはとても優しく親切にしてくださった。まだ雑誌を買えない年だった私に見せてくださったり。ひろみより約半年後に『天使も夢見る』でデビューされた桜田淳子。エンゼル・ハット姿と明るく生真面目さが表れている一生懸命に歌うお姿。70年代後半頃から時々、自分でも「明星」などを買うようになった。やはり、新御三家の郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎、三人娘の桜田淳子、山口百恵、森昌子、同い年の岩崎宏美...中でも、ひろみとジュンコちゃんが私には別格的に大好きな存在だった。

桜田淳子の4枚目のシングルとなる『花物語』を聴いて(多分テレビで)この曲の歌詞が心に響き渡るので、遂に母にお願いして買って貰った。そして、すっかり歌詞を覚えてしまい空でいつも流れていた。あまりにも美しいのでよく泣いていた。歌謡曲を聴いて初めて泣いた曲は『花物語』なのです。その次の『三色すみれ』、一曲次の『花占い』と可憐なジュンコちゃんとお花はお似合いだった。流石!詩人、阿久悠ならではの名曲群がその後も続く。小学生の時にジュンコちゃんの下敷きを持っていた。使うと黒くなってゆくので大事にしまっておいた。長年スヌーピーの下敷きを使っていたのだけれど、剥がれてしまって遂にジュンコちゃん下敷きを学校に持って行った。クラスの男の子がファンだったようで、その下敷きのお陰でジュンコ仲間が見つかった。そして、山口百恵ファンが次第に急増する中、隣の席になった女の子が『ゆれてる私』を口ずさんでいたので嬉しかった。彼女とはその後もすっかり仲良くなった。紅白歌合戦でトップバッターは郷ひろみと桜田淳子っていう時期があったように思う。多分、若手のホープとして当時の人気の高さが窺えることだとも思う。

私はひろみファンだけれど、新御三家が好きだったし、高校生になっていた三人娘やスター誕生から次々とデビューされる女の子アイドルたちが好きだった。母は百恵ちゃんのファンだったけれど、淳子ちゃんのことも気にしてくれていた。表紙がひろみ&淳子という時は喜んで雑誌を買っていたものです。桜田淳子というお方は今から思うと、元来の女優素養の濃いお方であった。表現力が少女アイドルの中でもダントツに高かったと思う。『花物語』の語りの部分から歌へ。美しい楽曲のみならず、ジュンコちゃんのあの歌い方、あの容姿、佇まい、表情...すべてから私は「美」を感じたのだと思う。一途でけな気な乙女心をお花に託して歌う桜田淳子。阿久悠氏が「天使」と言い、「不可思議な美少女」と言っていた稀有なるアイドルだった。それぞれの個性があるので、私は百恵ちゃんも好きだし、秀樹も五郎も好きだったと言える。ただ、今も心トキメキ続けるのは郷ひろみであり、そして私のそっくりそのまま少女時代と重なる桜田淳子の歌手時代には想い出がいっぱいあるのです。けれど、女優、桜田淳子のファンも続けていたので、芸能界から引退状態になってしまった時はショックでした。でも、いつかまた映画とか歌をお聞きしたいです。もっと、純粋にアーティストを評価してくださるお方ばかりだと良いのだけれど...。ひろみは超別格!けれど、ジュンコちゃんを応援されているお方が今も多く居られることが嬉しいです。なので、マニアではないのですが、これからも私の想い出と共に、桜田淳子の軌跡を作品と共に取り上げてゆこうと思います。

★初めて買って貰ったジュンコちゃんのシングル☆桜田淳子/花物語(1973年)♪


★『花物語』のB面の名曲☆桜田淳子/のっぽの恋人(1973年)♪

★貴重なお姿などと共に拝見でき嬉しいです。あげてくださった方々、ありがとうございます!
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-05 01:54 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

懸賞