タグ:ウィスパー・ヴォイス ( 6 ) タグの人気記事

懸賞 懸賞

オトゥール・ドゥ・リュシー(AUTOUR DE LUCIE)『完全な和音(L'ACCORD PARFAIT)』(1994年)♪

懸賞 2010年 02月 27日 懸賞

c0222662_595888.jpg

★この曲は、オトゥール・ドゥ・リュシー(AUTOUR DE LUCIE)のデビュー・アルバム『美しき逃亡(L'ECHAPPEE BELLE)』の1曲目『完全な和音(L'ACCORD PARFAIT)』。ヴァレリー・ルリヨ、オリヴィエ・デュラン、ファブリス・ドュモンの3人による良質メロディーとしっかりとしたソングライティング。そして可憐なヴォーカル&アコースティック・ギターを担当するヴァレリー・ルリヨのさり気ないウィスパー・ヴォイスと翳り。ヴァレリー嬢のフェイヴァリット・アーティストにトレイシー・ソーン、スザンヌ・ヴェガ、ホープ・サンドヴァルを挙げ、唯一フランスのアーティストはフランソワーズ・アルディだと書かれていた。私も大好きなお方ばかり!またギタリストのオリヴィエはペイル・ファウンテンズ、スミス、フェルトという英国アコースティック・バンドを挙げていた。そんな薀蓄は後に知ったのだけれど、このアルバム(作品)にはとっても強い想い入れがある。

1994年。当店のオープンした年で、最初は中古盤のみだったけれど新作も入荷し始めた。実は、このアルバムがCDでは初めての複数枚数を仕入れたものだったのである。周りには大型店もあるし、他のお店もあるなかで、やはり「好きな作品を一枚でも多くお好きなお方に届けたい」というような気持ちがあった。その為には、どうしても自分で「大好きだ!」と想えるものでないといけない。フランス盤(この頃はインディーズ時代)でまだ雑誌等に掲載される前に聴けることは唯一の特権のようなものかな。このオトゥール・ドゥ・リュシーは新人バンドで情報も無かったのだけれど、オーダーリストの中に、「Produit par Michael Head」とだけ小さく載っていた。あのペイル・ファウンテンズやシャックのマイケル・ヘッドがフランスのバンドのプロデュース!!と、もうそれだけで早く届かないかなって待ちわびていた。急な階段を上がって来てくださるお客様の目に付き易いようにと、入り口のすぐの処に5枚程だったのだけれど「大すいせん盤!」と手描きの見苦しいコメントと一緒に置いていた。その一枚を買ってくださったお方は今も当店のお客様で居てくださっている。16年近く前のことながら、あの時の感動はこのアルバムを聴く度に蘇る。あの場所、あの雰囲気、そしてあの刻の私...何故か涙が溢れるな。

オトゥール・ドゥ・リュシー(AUTOUR DE LUCIE)は次第にアブストラクトなサウンドへと移行してゆくのだけれど、それらも心地良い。ヴァレリー・ルリヨのヴォーカルさえあれば私はずっと聴き続けてゆくのだろう。この曲ではないけれど、アルバム中の『ISLAND(アイランド)』という曲の作曲とプロデュース、さらにギターでマイケル・ヘッド&ジョン・ヘッド兄弟で参加されている。この新しいバンドが尊敬しているマイケル・ヘッドであるのだけれど、好感が持てるのは自分を出し過ぎないでいてマイケル・ヘッドの存在感は充分に漂っているという辺りに、なんというのかグッと来るのである。私はどうもそんなタイプの人間が好きらしい♪


※アルバムの中でも一際ポップな曲です(動画ではございません)♪


RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-27 05:27 | シャンソン・フランセーズ

スザンヌ・ヴェガ(SUZANNE VEGA)『ルカ(LUKA)』(1987年)♪

懸賞 2010年 02月 17日 懸賞

c0222662_11284889.jpg

★スザンヌ・ヴェガの2ndアルバム『孤独 ひとり(Solitude Standing)』(1987年)に収録の名曲『ルカ(LUKA)』。階上に住む少年が両親によって虐待されているという深刻な内容の歌。このような現実に起こっている問題を歌にする勇気は必要だと想うので、さらりと歌ってしまうスザンヌ・ヴェガが好き。スザンヌ・ヴェガの1stアルバム『街角の詩(Suzanne Vega)』(1985年)から聴き始め、今も好きなシンガー・ソング・ライターのお一人。そもそもはこのデビュー・アルバムのプロデューサーがレニー・ケイだと知りアルバムを購入したのがきっかけ。すっかり気に入ってしまい今に至る。

スザンヌ・ヴェガは1959年7月11日生まれで、サンタモニカ生まれのニューヨーク育ち。決して恵まれた家庭環境ではなかったようだけれど、義父がプエルトリコ系の作家であり、マルチカルチャーな影響を受けて育ったようだ。そして、9歳頃から義弟たちに曲を作ってあげていたという。本格的な音楽活動は1979年頃で、ルー・リードのライヴ体験が大きかったそうだ。大学生の折にグリニッチ・ヴィレッジ等で歌うようになり、1984年にA&Mと契約された。

スザンヌ・ヴェガは自ら、「もともと声量がないため、感情を表に強く出すよりも、サウンドに溶け込むように語っていく方が好き」と語っておられ、アストラッド・ジルベルトの歌い方を真似ているうちに、今の歌い方になったそうだ。あの乾いたあっさりとしたウィスパー・ヴォイス!私が直ぐにスザンヌ・ヴェガが好きになったのはあのお声と歌い方にあったと想う♪



RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-17 11:32 | ガールズ・ポップ★洋楽

クロディーヌ・ロンジェ(CLAUDINE LONGET)★永遠の優美なウィスパー・ヴォイス♪

懸賞 2010年 02月 04日 懸賞

c0222662_401086.jpg

★クロディーヌ・ロンジェは1942年1月29日フランス・パリ生まれ。1962年にジェリー・モスとハーブ・アルパートによって設立されたA&Mレコードと1966年に契約。翌年1967年にニック・デカロの協力の下『クロディーヌ』でデビューする。この時、既にアンディ・ウィリアムズと結婚していた。おふたりは1970年までご夫婦だった(別離に至る経緯は知らないのだけれど)。順調な夫婦生活(3人のお子様もおられる)とアルバムのリリース、1968年にはピーター・セラーズと共演したブレイク・エドワーズの映画『パーティ』にも出演されていた。運命のいたずらなのか、まさかの1976年3月21日の殺人事件(クロディーヌは恋人だったプロ・スキーヤーのスパイダー・サビッチを過失致死させてしまった)により、その後の活動は今も断たれたまま...。


※英国の名優ピーター・セラーズと共演した映画『パーティー』(1968年)より♪

甘く可憐な容姿共々、お声の自然な優美さ♪技巧的に可愛く歌う方より自然な方がやっぱり好き。ルックスも含めて私はそんな人たちが好き。ぶっ飛んだ個性派のお方の中に垣間見る少女性が可愛かったり、クロディーヌのようにピンクやお花柄のワンピースが草原の中であまりにも自然にマッチしてしまうお方にうっとりしたり♪総じて”ガーリィ”とか”girly”と呼ばれたりする世界が好きなのだとは想う。この「ガーリー」という言葉も色々な解釈があるものでお嫌いなお方もおられるけれど、私は”女の子大好き!"なのだからどうしようもない。クロディーヌについてのみ綴っていればよいものの、やや日記のようだったり随想混じりだったりしているみたい...私の体験や想い出はどうしても関係していて今の私から逃れることはできないし、逃れたいとも思ってはいない。大切な心の記憶だもの。クロディーヌ・ロンジェはウィスパーヴォイスの最高峰だと想っている、とっても大好きなお声。歌われる曲たちには好きな映画の曲もあるし、ポップな曲や儚げな淋しい曲もありすべて好き。それは何を歌ってもそのお声に魅力があり、カバー曲であってもクロディーヌ・ロンジェの歌声の曲となる。とても素敵なことだと想う。各作品や格別お気に入りの曲など、また追記予定がいっぱいなのでのんびりと♪

※2007年11月20日に書いたものに少し追記いたしました♪

RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-04 04:11 | ガールズ・ポップ★洋楽

ポップ(POP)が大好きでアヴァンギャルドなへんてこりん音楽も好き♪

懸賞 2009年 10月 24日 懸賞

ポップな音楽と云っても、それはそれは多種多様に存在するうえに、個人の感性によっても受け取り方、感じ方は様々だろう。此処ではあくまでも、「私的ポップ」を愛好(愛考)しよう!と云っても、根はミーハーです!殊に女性アイドルはもう可愛ければ良いわけです。その上に楽曲も良く、お声も好きな場合はもうハマルしかない!そうこうしている内に、音楽のお仕事をするようになってバイトから合わせると、もう20年経過...けれど、実年齢だけが増えるだけで意識がない。なので、今でもアイドルや可愛い少年少女映画には目が無いし、麗しいお方のお姿を拝見してはドキドキする、あの感覚は衰え知らず。お家大好きなので、そういう意味ではやはりオタク気質なのかなあ...あまりよく分からないけれど。細野晴臣氏が何かのご本の中で、90年代以降はやはり違うと。テクノポップやアンビエントな音楽に関するインタビューだったように想う。その真っ只中で活躍されていたお方なので、私には説得力のあるお言葉に想え安堵した。うん、何か違う。ポップもロックも映画も...時代の流れと云えばそれまでだけれど。

此方では60年代から80年代の「ポップ(POP)・ミュージック」や「アイドル」を中心に、メジャーなものからあまり有名ではないけれどユニークだったり、おバカだったりの愛しきポップ・ミュージックを愛でる目的です。気取ったお方にはちょっと馬鹿にされそうなB級ポップスも実はいっぱい。偏愛するものたちですので、好きなアーティストや曲、作品しか取り上げません。HIROMI GOは格別な想いがあります。ひろみは10代の折から洋楽志向なお方ですので、インタビューやライヴ曲など経由で覚えたミュージシャンの名も多いです。

取り合えず、始めてみましたので、どんな風になるのか予想も出来ませんが、どうか宜しくお願いいたします。ロックは英国、ポップスはフランスの音楽が特に好きですので、フレンチ・ポップスが多くなりそうですが、バランスを考えて綴ってみるつもりです。どうぞ、お気軽にコメントやTBにお越し下さい。記事に全く無関係なものは削除させて頂きますのでご遠慮下さい♪

★サイドの固有名詞のカテゴリーの方々は、今後、記事の増える(予定の多い)思い入れの強い方々です。
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2009-10-24 02:15 | このブログについて

愛らしいフランスの男女ユニット★ミカド(MIKADO)パスカル・ボレルとグレゴリー・チェルキンスキー♪

懸賞 2008年 06月 14日 懸賞

c0222662_204089.jpg

★ミカド(MIKADO)は1982年にパスカル・ボレル(Pascal Borel)とグレゴリー・チェルキンスキー(GregoryCzerkinsky))のお二人が結成した愛らしいポップ・ユニット♪Les Disques Du Crépuscule(レ・ディスク・デュ・クレプスキュール)というベルギーの好きなレーベルが在った。お洒落なイメージが持たれているようだけれど愛しのヘンテコリンな音楽たちの宝庫でもあったので、所謂”レーベル買い”をしていた私。ミカドの作品は一応全部持っているのでかなりのご贔屓。フランス・ギャルのカバーもしているし、安堵するので今でもよく聴いている。パーカッションとエレクトロニクスを担当の眼鏡の男性がグレゴリー・チェルキンスキーで、90年代に入り”チェルキンスキー”として再活動された時も嬉しかった。でも、私はヴォーカルの可憐で愛らしい歌声のパスカル・ボレル(パスカル・ボレー)がさらにさらに大好き!!サウンドも含めて好きなミカドなのだけれど、この甘すぎないウィスパー・ヴォイスは耳と心に優しく相性の良さを直感したものだった。いまだにこうした直感で生きているような者...幸か不幸か。日本盤は細野晴臣さんのレーベル「ノンスタンダード(Non Standard)」から1984年にリリースされた。12インチ・シングルとアルバムのジャケット・デザインを、これまた大好きなピエール・エ・ジル(Pierre et Gilles)が担当したものもある。80年代育ちの私にはついこの間のことのようだけれど不思議で素敵な時代だったとも想う。エレ・ポップやネオ・アコースティック、フレンチ・ポップスやニューウェイヴ...という形容のどれもが該当するようなミカド。音楽ジャンルってそんな感じ。細野さんは1984年の『ミカド』の日本盤リリースの折、エグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされていた。そして、とっても素敵なコメントが寄せられていた♪

「あれ?これってぼくたちのやりたい音じゃない!」
とTはさけびました。
「こんなのとっくにやってるよな、オレ達・・・」
とSはくちごもりました。
「でも結局、いちばんやり残してしまった音楽ね。」
と私は反省しました。
みんな心の中で「キュートな音楽っていいな-」
とくやしがりつつ、目はキラキラと輝きました。
キュートなんです。私達やあなたや
バカヤローめらが置き忘れたものは。
それはかわいいともステキともちょっぴり違う、
「愛らしさ」です。
それは「粋」という、
これも忘れられた繊細なニュアンスをしています。
こんなことを忘れるなんて。
私達やあなたやバカヤローめらはなんてバカだったんだ。
私達は古来、イキを重んじたのではなかったろうか。
私達は昔、お互いに愛らしい存在ではなかったろうか。
私達はごはんを食べる時、いただきますを忘れはしなかったろうか。
フレンチ・ギャルとボーイの音楽が、
日本人にこんなことを思い出させてくれる。
で、ノンスタンダードから
初の海外アーティストを紹介します。
それが愛らしい「ミカド」です。

- 細野晴臣-


RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2008-06-14 11:34 | シャンソン・フランセーズ

素敵なフランソワーズ・アルディ(FRANCOISE HARDY)☆フレンチ・ポップスとして最初に好きになったお方♪

懸賞 2007年 04月 01日 懸賞

c0222662_11522012.jpg

★私の好きな女性ヴォーカル・・・フランソワーズ・アルデイは欠かせない。素敵なアルディ、ちょっと風変わりな女の子、文学少女の風情と洗練された都会の女性、知的でエレガント。”アンニュイ”という言葉が流行した頃、ジェーン・バーキンが紙面を飾っていたけれど、私はアルディを直ぐに想起してしまう。学生の頃、よく通っていたレコード屋さんの店長さんに「バーキンとアルディ、どっちが好きですか?」と訊かれた事がある。私はどちらも好きなのだけれど、迷わず「アルデイさんです♪」と答えたら、その店長さんも「僕もアルディが昔から好きでね。」ってお話してくださった。懐かしい想い出、もうそのお店は無くなってしまったけれど、買わせて頂いたレコードたちは今も私のお部屋にいる。作業をしながらだとCDが便利。リピート再生も可能。すっかり棚に置かれっぱなしの愛すべきレコードたち。でも、大切なもの。特にアルディは個人的にジャケットが欲しいのでお小遣いを随分使ってきた。曲はダブっていて針すら置いていないものもある。別にコレクター意識はないのだけれど、アルディに限ってはツイツイ。

”フレンチ・ポップス”という意識で最初に好きになったお方(ブリジット・フォンテーヌが少し先だけれど、フレンチとかそういうジャンルを超えていたので...でも同じ頃で16歳だった)。俯いたお顔に長い髪のアルディのベスト盤だった(それは今でもアナログ盤でしか発売されていないジャケット)。中には大きな大きなポスターが付いていて嬉しかった。貼るには勿体無いのでレコードの中に入れたまま。日本盤のレコードだと邦題が付いているので、当時はフランス語が読めなかったのでその邦題で曲を覚えていた。その言葉たちから連想されるイメージ、その世界がとても心地良く大好きだったし、今も変わらない。アルディはデビュー初期はカバー曲が多かったけれど、次第に自作曲が主になってゆく。シンガー・ソング&ライターだ。フォーク・ギターを抱えたお姿の数々のお写真、斬新なデザインの粋なファションに身を包んだスラリとした長身のアルデイ♪なんて!素敵なのだろう。

お声について何も書いていない...でも、好きなアーティストって姿形から奏でる音楽やお声、全てに魅力を感じるのだから仕方の無いこと。ルックスに弱い私だし。さて、アルデイのお声、歌唱スタイルは画期的だと思う。その後、今日まで影響を与え続けているように思う。歌い上げる、歌い込むという対極に位置するかのような自然な歌い方。声量が乏しい(ご本人も語っておられた)、それが魅力、個性となったように思う。ブラジルではアストラッド・ジルベルトがいる。歌い手は歌唱力という最大の技量以外にもチャームポイントがあれば!アルディの歌(詩)は私的で寂しく、儚い幻想のようなものが数多くあるけれど、そんな曲にあのお声。囁くかのようにか細く、でも伝わるものはとても深く大きい。

何度か引退宣言をされて悲しい思いをしたけれど、マイペースに今も新作が届くアルディ♪セルジュ亡き後、実はエチエンヌ・ダオーの存在、貢献度はとても大きなもの(アルディのファンでもあるダオはカムバックに一役買っている)。今はもう60代のアルディながら、実にカッコイイ!髪はショートで銀髪に近く、ジャック・デュトロンは夫であり続けているのだ。60年代から今日まで常に素敵なカップル☆

※2007年4月1日に閉鎖した『魅せられし声の美力』で綴ったものです。ブログの整理をしているところ。基本的に少女時代から大好きなお方のことは此方へと思います♪

RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
 
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2007-04-01 11:47 | シャンソン・フランセーズ

懸賞