カテゴリ:ガールズ・ポップ★洋楽( 22 )

懸賞 懸賞

『雨に唄えば』シェイラ&B.デヴォーション(1978年)★原曲ジーン・ケリー同名映画(1952年)♪ 

懸賞 2011年 02月 17日 懸賞

c0222662_12181324.jpg

★シェイラ(SHEILA)はシルヴィ・ヴァルタン、フランス・ギャル、フランソワーズ・アルディ等と共に60年代のフレンチ・ポップス・シーンのアイドルのお一人。本名はアニー・シャンセルといい、1945年8月16日生まれのイル・ド・フランス圏のクレテイユ出身。稼業のお菓子屋さんのお手伝いをしていた明るい少女だったと想像しています。シェイラは、明るく健康的な可愛らしさが魅力の一つ。イェイェ・ブームの折は大ヒット曲がいっぱいですが、次第に時代と共にアイドルから脱皮してゆく時期が訪れる。それは、アイドルの宿命なので、古今東西の人気アイドルたちに共通するもので、その軌跡を追うのも好きです。消えてゆくアイドルが多い中、才能やルックスだけでは先が無いことを熟知し、ダンス・レッスンを重ね方向転換して行ったシルヴィ・ヴァルタン。このシェイラも70年代後半になると、ディスコ・ブームに乗るかたちで、英語圏にアピールできる作品を発表してゆく。

シェイラ&B.デヴォーション(SHEILA&B.DEVOTION)と名義も変わる。黒人バックダンサー3人との踊って歌える歌手シェイラと変身!個人的にはこのシェイラ&B.デヴォーション以前、以後という感じで聴き分けているような感じもあります。シェイラもカバー曲の多いお方で、イェイェ時代のキュート・ポップに好きな曲が多いのですが、70年代以降の雰囲気もまた素敵だと思えます。そこで、今日はシェイラ&B.デヴォーションの1978年のヒット曲『雨に唄えば(SINGIN' IN THE RAIN)』を。シングル・ヴァージョンとディスコ・ヴァージョンがあります。英語圏でも殊にイギリスでは大ヒット!という曲でシェイラも英語で歌っています。オリジナルはジーン・ケリー主演のミュージカルの名作『雨に唄えば』の主題歌です。私はジーン・ケリーやシド・チャリシーが好きですし、ミュージカルって大好き!この名曲のディスコ・ヴァージョンが26年程経て、フランス人のシェイラが歌いヒットしたという時代。ディスコ・サウンドは詳しくないのですが、こうして出会えるのは大抵女性ヴォーカルです。まだまだシェイラの楽曲や作品など、追々更新してまいります♪

★歌って踊るシェイラ&B.デヴォーション/雨に唄えば(1978年)♪

★ジーン・ケリー/ミュージカル映画『雨に唄えば』より(1952年)♪

[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-17 11:50 | ガールズ・ポップ★洋楽

『にくい貴方』ナンシー・シナトラ(1966年)★『夜のストレンジャー』フランク・シナトラ(1966年)♪

懸賞 2011年 02月 12日 懸賞

c0222662_131897.jpg

★ナンシー・シナトラ(Nancy Sinatra:1940年6月8日生まれ)は父フランク・シナトラと母ナンシー・バルバト(イタリア人)の娘であり、フランク・シナトラの長女。活動の絶頂期は60年代で多くのヒット曲&代表曲がある。私が最初に聴いた曲は『にくい貴方(These Boots are Made For Walkin')』で、すっかり好きになった曲。後にLPでも聴き、シングル以外の楽曲にも好きなものは多い。この『にくい貴方』のキュートな映像がありましたので掲載させて頂きます。

★バックダンサーの女性たちもキュートです☆ナンシー・シナトラ/にくい貴方(1966年)♪

c0222662_1313592.jpg

★ナンシー・シナトラの父で、偉大なる歌手であり俳優でもあるフランク・シナトラ(Frank Sinatra:1915年12月12日~1998年5月14日)も同年1966年に『夜のストレンジャー(Strangers in the Night)』のヒット曲があり、この曲でグラミー賞も獲得。また、この1966年にはミア・ファローと再婚された年でもあり、30歳も歳の離れたご結婚(ナンシー・シナトラの方がミア・ファローより年上)ということで話題に。それ以前にはエヴァ・ガードナーともご結婚されていた。熟年期のシナトラの代表曲の一つだと思います。渋い歌声です♪

★フランク・シナトラ/夜のストレンジャー(1966年)♪

[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-12 01:29 | ガールズ・ポップ★洋楽

『二人だけのデート』ダスティ・スプリングフィールド(1963年)★ザ・ツーリスト(1979年)♪

懸賞 2011年 02月 11日 懸賞

c0222662_22173.jpg

★"ガールズ・ポップ"というと50年代から60年代のアメリカン・ポップスのガールズ・サウンドから始めないとならないのでしょうが、この辺りになるともの凄く!後追いで今もまだまだ知らないサウンドがいっぱいです。洋楽は英国のアーティストから入ったので、今回はブリティッシュ・ガールズポップを。『二人だけのデート(I Only Want to Be with You)』という名曲です。オリジナルはダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield:1939~1999)の1963年発売のヒット曲です。私が知ったのはベイ・シティ・ローラーズ(The Bay City Rollers)のヴァージョンでした(1976年)。ベイ・シティ・ローラーズファンの女の子が居たのでよく聴かせてもらいました。私は郷ひろみファンでしたが、その友人は西城秀樹ファンだったはずなのに、いつの間にかすっかりベイ・シティ・ローラーズに関するものを集めていて色々お持ちでした。その彼女も暫くすると、近藤真彦ファンとなっていました。

★ダスティ・スプリングフィールド/二人だけのデート(1963年)♪

c0222662_224624.jpg

私はひろみで知ったデヴィッド・ボウイ、ケイト・ブッシュへと洋楽の比重が一気に傾いていたのです。なので、自分で購入した最初の『二人だけのデート』は今も大好きなアニー・レノックス(Annie Lennox)がヴォーカルのユーリズミックス(Eurythmics)の前身バンドとなるツーリストあるいはツーリスツ(The Tourists)のヴァージョンでした。でも、ユーリズミックスを先に購入したのでこれまた後追いでしたが。当時は映像など観たこともなかったのですが、何でもあります天晴YouTube!

★ユーリズミックスの前身バンドのツーリスト/二人だけのデート(1979年)♪

ベイ・シティ・ローラーズ関連だとひろみがカバーした『バイ・バイ・ベイビー』(1975年)の事を以前綴りましたが、この曲は郷ひろみヴァージョンの方がやはり好きです。『明星』ではずっとひろみが人気投票1位でしたが『平凡』では他の方に1位を奪われることもあったように記憶しています。そのせいか分かりませんが『明星』派でした。映画雑誌も『ロードショー』も偶に購入していましたが、母の時代から我が家は『スクリーン』派でした。やはりベイ・シティ・ローラーズ・ヴァージョンも♪

★ベイ・シティ・ローラーズ/二人だけのデート(1976年)♪

★関連記事:『バイ・バイ・ベイビー(BYE BYE BABY)』ベイ・シティ・ローラーズと郷ひろみ(共に1975年)♪
★関連記事:麗しのアニー・レノックス★ユーリズミックス(EURYTHMICS)『スイート・ドリームス(SWEET DREAMS)1983年♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-11 02:20 | ガールズ・ポップ★洋楽

アンドレア・パーカーのガーリッシュ・ヴォイスが大好き!★『MELYS』ウェールズ出身のバンド♪

懸賞 2010年 05月 17日 懸賞

c0222662_7463773.jpgc0222662_7465564.jpg
★土曜日の『星空サロン 夢見 VOL.2』も楽しく終え、昨日はまったくお仕事していないという有様ですが、今日からまた頑張らねば!と。イベントでかけさせて頂いた曲たちは『耽美』かつ『夢見』ということで私なりの好きな楽曲たちを。今回はシャンソンやフレンチポップスが前回よりも多かった気がしますがジャンルは結構色々でした。意外なアーティストの或る一曲が私にはとっても『耽美』であることも多いのです。

音楽は大好きなのであまりジャンルに束縛されずに聴く性質ながら、優先順位のようなものはあり、どうしても『女性ヴォーカル』には弱く点も甘いです。そして、バンド形態のサウンドでもヴォーカルが女性であったり男女混声であったりすると、やはり気になります。たおやかなヴォイスも好きですが、ドリーミーなキュート・ポップ、可憐なガーリー・ヴォイスは大好きです。当店の在庫を少しばかり整理していたのですが、インディーズ多いのです!メインストリームもローリング・ストーンズやデヴィッド・ボウイ、ケイト・ブッシュやエンヤ、エディット・ピアフやイヴ・モンタン、バルバラやブリジット・フォンテーヌ、フランソワーズ・アルディやセルジュ・ゲンスブール、シルヴィー・ヴァルタンやジョニー・アリデイ、ミレーヌ・ファルメールやエチエンヌ・ダオ...と主要なアーティストは毅然とあるのですが、インディーズもの多いのです。なので、今後はいまだにCD化もされていないような「さり気なく名盤」としてのひっそり隠れた名曲たち(私の独断ですが)、メジャーに移籍前の曲など...個人的に好きなアーティストや曲たちも此方で取り上げてゆこうと想います。

そこで、MELYSという英国(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)のウェールズ出身の男女バンド。1996年にデビューしており現役で活動中。初期はゴーキーズ・ザイゴティック・マンキやスーパー・ファーリー・アニマルズの在籍でファンの皆様はご存知だと想いますが「ANKST」というウェールズのインディー・レーベルからもリリースしていたバンド。何が好きかと云うと、ヴォーカリストの女性アンドレア・パーカー嬢のお声が実に愛らしくスウィートで安堵するのです。サウンドもどこかミステリアスなドリーミー・ポップ(初期の方がユニークに想えます)!このアンドレア嬢はルックスも可愛いのですがジャケットでは判らないのです。なので、上にお写真を掲載させて頂きました。右側に写っている大きな男性はかのジョン・ピール氏です。そこではアンドレア&ポール・アダムスと記されていたのでこのお二人はご夫婦になられたのかもしれません(勉強不足で定かではないのですが)。サウンドの要はこのポール・アダムスが担っていると云えそうです。ウェールズ語で歌われる曲もあります。ウェールズはケルト圏に属しますが、アイルランドやスコットランドのゲール語ではなく、公用語は英語とウェールズ語。このMELYS(メリーズ)のウェールズ語の意味は英語のSWEETの意味を持つそうです。そんなバンド名にピッタリのスウィート・ヴォイスのアンドレア嬢。甘過ぎず、まったく力みの無いふんわり感がデビュー時から好きでしたが、あまり売れませんでした。下の動画はウェールズのテレビ用のものみたいです♪



MELYS作品★(RECORD&CD SHOP VELVET MOON) ← にて取り扱っております(未登録在庫も順次に)。無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-05-17 07:44 | ガールズ・ポップ★洋楽

『ウーマン・イン・ラブ』バーブラ・ストライザンドとフランス語カバーのミレイユ・マチュー(共に1980年)

懸賞 2010年 02月 24日 懸賞

c0222662_2304494.jpgc0222662_2311125.jpg
★バーブラ・ストライザンド(BARBRA STREISAND)の1980年の大ヒットアルバム『ギルティ』よりのシングル。ビー・ジーズのバリー・ギブとのデュエットのみならず、アルバム全曲の書き下ろし、かつプロデュースもされている。この『ウーマン・イン・ラブ(WOMAN IN LOVE)』はバリー・ギブ&ロビン・ギブによる楽曲。私が初めて買ったバーブラ・ストライザンドのレコードだった。女優としてもシンガーとしても世界的なスーパースター!オスカー女優にしてグラミー受賞歌手であり、各時代にヒット曲を放っておられるという、素晴らしいお方。この『ウーマン・イン・ラブ』をフランス語で同年1980年に歌ったミレイユ・マチュー(MIREILLE MATHIEU)も少女時代から歌唱力のあるお方で別嬪さん!「エディット・ピアフの再来」と讃えられデビューされ、今もなお人気の高いシャンソン歌手のお一人でもある。お若き60年代頃はイェイェの大人気の頃。ミレイユ・マチューは高らかに歌い上げ上手なのだけれど正統派過ぎると感じていた。けれど、ポール・モーリアやフランシス・レイ、エンニオ・モリコーネ方との作品なども素晴らしい!っと私も歳を重ねる中でミレイユ・マチューの魅力を少しずつ感じている過程でもある。あの内巻きの独特のボブも素敵だけれど、初期のショートヘアの頃も可愛い~!ってジャケットを眺めては嬉しくなるお方。

下のバーブラ・ストライザンドの方は、映像を掲載してくださったお方が編集されたようなもので、バーブラ・ストライザンドが主演された映画のシーンが織り込められている。映画も名作が多いお方で、この中では『スター誕生』、大好きな『愛のイエントル』、ロバート・レッドフォードと共演した『追憶』、ライアン・オニールとのコメディ『おかしなおかしな大追跡』などのシーンも拝見できました。ミレイユ・マチューも映画にも多数出演され、主題歌も多いお方なので、また追々他の好きな曲のことも。バーブラ・ストライザンドはいまだに来日公演が実現されていない!是非、あの歌声をコンサート会場でお聴きしたいと切望している♪





RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-24 22:57 | ガールズ・ポップ★洋楽

スザンヌ・ヴェガ(SUZANNE VEGA)『ルカ(LUKA)』(1987年)♪

懸賞 2010年 02月 17日 懸賞

c0222662_11284889.jpg

★スザンヌ・ヴェガの2ndアルバム『孤独 ひとり(Solitude Standing)』(1987年)に収録の名曲『ルカ(LUKA)』。階上に住む少年が両親によって虐待されているという深刻な内容の歌。このような現実に起こっている問題を歌にする勇気は必要だと想うので、さらりと歌ってしまうスザンヌ・ヴェガが好き。スザンヌ・ヴェガの1stアルバム『街角の詩(Suzanne Vega)』(1985年)から聴き始め、今も好きなシンガー・ソング・ライターのお一人。そもそもはこのデビュー・アルバムのプロデューサーがレニー・ケイだと知りアルバムを購入したのがきっかけ。すっかり気に入ってしまい今に至る。

スザンヌ・ヴェガは1959年7月11日生まれで、サンタモニカ生まれのニューヨーク育ち。決して恵まれた家庭環境ではなかったようだけれど、義父がプエルトリコ系の作家であり、マルチカルチャーな影響を受けて育ったようだ。そして、9歳頃から義弟たちに曲を作ってあげていたという。本格的な音楽活動は1979年頃で、ルー・リードのライヴ体験が大きかったそうだ。大学生の折にグリニッチ・ヴィレッジ等で歌うようになり、1984年にA&Mと契約された。

スザンヌ・ヴェガは自ら、「もともと声量がないため、感情を表に強く出すよりも、サウンドに溶け込むように語っていく方が好き」と語っておられ、アストラッド・ジルベルトの歌い方を真似ているうちに、今の歌い方になったそうだ。あの乾いたあっさりとしたウィスパー・ヴォイス!私が直ぐにスザンヌ・ヴェガが好きになったのはあのお声と歌い方にあったと想う♪



RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-17 11:32 | ガールズ・ポップ★洋楽

ジャニス・イアン(JANIS IAN)『恋は盲目(LOVE IS BLIND)』(1975年)★『グッバイ・ママ』の主題歌♪

懸賞 2010年 02月 11日 懸賞

c0222662_2349418.jpg

★ジャニス・イアンの美しくも悲しい旋律と歌声。この曲は1975年のアルバム『愛の回想録(BETWEEN THE LINES)』に収録されてる曲。けれど、私はこの曲が主題歌として流れる『グッバイ・ママ』というドラマで知った。まだ小学生だったので、後にジャニス・イアンというシンガー・ソング・ライターの作品に出会えた時は感激だった。「あっ!グッバイ・ママの曲」って。坂口良子さんが主演で未婚の母であり、かつ不治の病に侵されて死期が訪れる...という感動のドラマだった(細部は覚えていないのだけれど)。母が家族ドラマが大好きだったもので一緒によくドラマを観ていた。ジャニス・イアンの曲は『岸辺のアルバム』というドラマでも使われていた。これまた母の大好きな八千草薫さんが出演されていた。

私がジャニス・イアンというお方の存在と、これらのドラマの中で流れていた曲のお方なのだと一致したのはもっと後になってから。フランソワーズ・アルディが大好きになって過去のアルバムを追ってゆく中でようやく。アルディのカバーによるジャニス・イアンの曲として。そういう事ってとても多い。好きなアーティストがカバーされているとその原曲が気になる。そうして広がってゆく。これからもその道のりは果てしなく続くのだろう。

ジャニス・イアンは2003年に同性愛者であることをカミングアウトされ、長年のパートナーのお方とご結婚されたという。お幸せにって想う。スペイン、ロシア系のアメリカ人でありユダヤ人のお方。少女時代から既に優れた才能を発揮しており、デビュー・ヒット曲『ソサエティーズ・チャイルド』は16歳の折の曲。この曲は当時のアメリカを映し出す。反戦フォーク、または人種差別への抗議も込められた曲。「シンガー・ソング・ライター」という、殊に60年代末から70年初頭に台頭された女性アーティスト方に私の好きな歌姫が多く存在されるなどと気付いたのは90年代に入ってからのこと♪



RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-11 23:49 | ガールズ・ポップ★洋楽

パインフォレスト・クランチ(PINEFOREST CRUNCH)『カップ・ヌードル・ソング』(1996年)♪

懸賞 2010年 02月 09日 懸賞

c0222662_2322866.jpg

★スウェディッシュ・ポップ・バンドやシンガーが続々と登場していた1995年頃が昨日のことのようだけれど、今聴いても好きなバンドは多い。特に女性ヴォーカルだけれど。このパインフォレスト・クランチ(PINEFOREST CRUNCH)のデビュー・シングルとなる『カップ・ヌードル・ソング(CUP NOODLE SONG)』は1stアルバムの1曲目で、一際ポップで爽やかな名曲。ヴォーカルのオーサ・エクルンドのキュートな歌声と美少女ぶりにトキメクという理由も大きく、今もよく聴きたくなる。この曲以外も好きで、もっとフォークっぽい楽曲は北欧の幻想的な景色を想起するかのようで、プログレ風の響きも印象的。それもその筈、ドラムスのマティアス・オルソンはアングラガルドというプログレ・バンドのメンバーでもあったという。2ndアルバムはさらにそんな雰囲気に包まれた作品。ヴォーカルのオーサ・エクルンドは今は母親になられているそうだ。このアルバムがリリースされて10数年になるのだと想うと不思議な気もする。カーディガンズ、クラウドベリー・ジャム、シナモン、コメダ...好きなバンドは多い。やはり、アバの国だものなっとも想う。北欧には行ったことがないけれど、神話や妖精譚を読むのが好きな私は夢を馳せる♪


※オーサ・エクルンドちゃんが可愛すぎ!彼女ばかり見てしまう素敵なPVです♪

RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-09 02:31 | ガールズ・ポップ★洋楽

ダニエル・ビダル(DANIELE VIDAL)『オー・シャンゼリゼ(LES CHAMPS-ELYSEES)』(1970年)♪

懸賞 2010年 02月 07日 懸賞

c0222662_0381530.gif

★1960年代の終わり頃から1970年前半頃に日本で活躍されていたダニエル・ヴィダル(ダニエル・ビダル)。1952年6月23日生まれのまるでお人形のような愛くるしい容姿と優しい歌声は永遠だろう。遅れてきたイェイェ・アイドルとも云われる。私は残念ながら日本のGS(グループ・サウンズ)は後追い。このダニエル・ヴィダルの日本でのデビューや活動にジュリーの居たタイガースのメンバーが深く関係しているそうだ。その辺のことは詳しく知らないけれど、初めてレコード・ジャケットで見た時のトキメキ!瞳が大きくそれも青い瞳で巻き毛で微笑むその姿よ!当店主はGSやダニエル・ヴィダルが日本で人気の時期を知っているので羨ましい。私はタイミングが悪かったのか当時のお姿をテレビで拝見したことがなくて、ずっとずっと後になって、「うたまね」みたいな番組を偶々観ていると、どなたかが真似ておられた。すると、途中からご本人が登場されたのだった!堺正章さんが司会で歌い終えた後、とっても仲良くお話されていた。日本に居られた時期も長いのでその時もダニエル・ヴィダルは流暢な日本語でお話されていた。私はやっと、動くお姿を拝見でき感動してしまった。それ以降も日本のテレビにご出演されていたよう。なんでもある恐るべしYouTube。

このダニエル・ビダルの『オー・シャンゼリゼ(LES CHAMPS-ELYSEES)』は1970年のもので当時17歳頃。その前にフランス語で歌われたのはジョー・ダッサンで1969年。けれど、さらにその原曲があり、それは英国バンドのジェイソン・クレストの『ウォータルー・ロード(Waterloo Road)』という曲。ジョー・ダッサンが舞台をフランスに置き換えて歌詞を書いた曲だということらしい。この英国バンドのことはまったく知らない。ジョー・ダッサンは好きなのでまたそのうちに♪


※1998年のテレビ出演。ダニエル・ビダルが日本語でも歌う『オー・シャンゼリゼ』。訳詩は安井かずみさん。途中に70年代当時の可愛いダニエル・ビダルさんのお姿も拝見でき嬉しいです♪

◆ダニエル・ビダルと嘗ての作品は表記されていたけれど、後にダニエル・ヴィダルというのも多くなってきた。また、DANIELE VIDALとDANIELLE VIDALのLが二つ付くのもあったりもする。

RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-07 00:34 | ガールズ・ポップ★洋楽

クロディーヌ・ロンジェ(CLAUDINE LONGET)★永遠の優美なウィスパー・ヴォイス♪

懸賞 2010年 02月 04日 懸賞

c0222662_401086.jpg

★クロディーヌ・ロンジェは1942年1月29日フランス・パリ生まれ。1962年にジェリー・モスとハーブ・アルパートによって設立されたA&Mレコードと1966年に契約。翌年1967年にニック・デカロの協力の下『クロディーヌ』でデビューする。この時、既にアンディ・ウィリアムズと結婚していた。おふたりは1970年までご夫婦だった(別離に至る経緯は知らないのだけれど)。順調な夫婦生活(3人のお子様もおられる)とアルバムのリリース、1968年にはピーター・セラーズと共演したブレイク・エドワーズの映画『パーティ』にも出演されていた。運命のいたずらなのか、まさかの1976年3月21日の殺人事件(クロディーヌは恋人だったプロ・スキーヤーのスパイダー・サビッチを過失致死させてしまった)により、その後の活動は今も断たれたまま...。


※英国の名優ピーター・セラーズと共演した映画『パーティー』(1968年)より♪

甘く可憐な容姿共々、お声の自然な優美さ♪技巧的に可愛く歌う方より自然な方がやっぱり好き。ルックスも含めて私はそんな人たちが好き。ぶっ飛んだ個性派のお方の中に垣間見る少女性が可愛かったり、クロディーヌのようにピンクやお花柄のワンピースが草原の中であまりにも自然にマッチしてしまうお方にうっとりしたり♪総じて”ガーリィ”とか”girly”と呼ばれたりする世界が好きなのだとは想う。この「ガーリー」という言葉も色々な解釈があるものでお嫌いなお方もおられるけれど、私は”女の子大好き!"なのだからどうしようもない。クロディーヌについてのみ綴っていればよいものの、やや日記のようだったり随想混じりだったりしているみたい...私の体験や想い出はどうしても関係していて今の私から逃れることはできないし、逃れたいとも思ってはいない。大切な心の記憶だもの。クロディーヌ・ロンジェはウィスパーヴォイスの最高峰だと想っている、とっても大好きなお声。歌われる曲たちには好きな映画の曲もあるし、ポップな曲や儚げな淋しい曲もありすべて好き。それは何を歌ってもそのお声に魅力があり、カバー曲であってもクロディーヌ・ロンジェの歌声の曲となる。とても素敵なことだと想う。各作品や格別お気に入りの曲など、また追記予定がいっぱいなのでのんびりと♪

※2007年11月20日に書いたものに少し追記いたしました♪

RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2010-02-04 04:11 | ガールズ・ポップ★洋楽

懸賞