『MONUMENT』12月4日(日)★モーマスの心斎橋ライヴ決定!velvet moonもDJ参加いたします♪

懸賞 2011年 11月 14日 懸賞

c0222662_728046.jpg

MONUMENT
開催日:2011年12月4日(日)
OPEN / START 18:00

料金:前売2000円(ドリンク代別)/ 当日2500円(ドリンク代別)
プレイガイド:ローソンチケット・チケットぴあ・e+
会場:鰻谷 燦粋 -unagidani sunsui-
大阪市中央区東心斎橋1-12-20 心斎橋シキシマビルB1F
TEL 06-6243-3641

guest live:
Momus
IROTTO+
boyfriend's dead

DJs:
Shuji Nabara (donut talk)
yamaten et chouchou noir (Velvet Moon)
Zico (OZ)

出演者プロフィール:

Momus
日本ではKahimi Karieのプロデューサーとしてその名を知られるモーマス―80年代から“el”や“Creation”といった英国の名門レーベルより、アコースティックサウンドやエレポップ風味を巧みに表現した作品を発表し、英国や日本の音楽ファンの間で異彩を放つトリックスターとしてその名を轟かせている。 2003年には初の日本レコーディングによる『Oskar Tennis Champion』を発表、アコースティックサウンドと不思議に共存してきたエレクトロニック・ポップ色をさらに進化させ見事なフューチャリスティックポップサウンドを作り上げた。ベルリンに移り住み、Anne Laplantineと共に作り上げた最新作『Summerisle』では古めかしいロウファイ電子音とアコースティックギターが重なり合う"コンピューター・フォーク・アルバム"を表現し、モーマスワールドは健在だ。また、英Chery RedにAnalog Baroque Records、米Darla RecordsにAmerican Patchworkレーベルを設立し、プロデュースやライブツアーをこなすなど、様々なシーンと積極的にコラボレートし、"Live Worldwide"な感覚で常に楽しませてくれることを忘れない。

IROTTO+
2005年結成。大阪を拠点に活動中。暗くて粗くて温かい、美しい空間を描く音。型にはまらない彼等の音は自由であり大胆であるが、それらはたしかな歌として残されていく。力強い楽曲の中で透き通った優しいメロディーラインが印象的であり、ストーリーを描くような曲の展開も斬新である。2009年8月、バンド初の音源としてEP「acormus fish」をHATTRICK RECORDSよりリリース。十三FANDANGOにて「IROTTO+ 1stEP[acormus fish]リリース企画」を開催。2010年2月、スプリットアルバム「before time melts.」をHigh Fader RECORDSよりリリース。北堀江club vijonにて「High Fader Night vol.7 ~関西シューゲイザー協会~IROTTO+/Shelling & PLASTIC GIRL IN CLOSET Wシューゲイザーレコ発」を開催。2010年11月、FM802主催 「MINAMI WHEEL 2010」に出演。結成5周年を迎え、自主企画イベント「深海フォークロア」を開催。フルアルバムに向けて現在レコーディングに取り組んでいる。
http://www.myspace.com/irotto

boyfriend's dead
大阪生まれ、ドリーム・ポップ育ち。悪そうなシューゲイザーはだいたい友達。
http://www.myspace.com/boyfriendsdead

yamaten et chouchou noir (Velvet Moon)
レコード&CDショップVelvet Moon。主にイギリス・フランス・ドイツを中心としたロック、ポップス、女性ヴォーカル、New Wave、ゴシック、トラッド、フォーク、プログレ、電子音楽、フレンチポップス、シャンソン、サントラなど。アートの匂いのするロック。素晴らしき表現者としてのボーカリストたち。実験精神とポップの融合するアヴァンポップ。有名無名も壁はなくただ愛する音楽や映画や本などを扱っております。好きな作品への拘りもありコンディションの良い品揃えを心がけております。

Shuji Nabara (donut talk)
1980.12.8生まれの身長190cm。山本ムーグ氏も認めたシューゲイズ体型。退廃と煌きの音の世界に魅了され自らもフィードバックノイズを奏でる。デコボコ兄弟"NABARA BAND", 塩屋系"MATSURI BAND"でギターを担当。神戸のインディポップイベント"DONUTTALK"でレギュラーDJを行っている。2010年七草の日にYOKO ONO PLASTIC ONO BANDのREMIX COMPETITIONでTOP20に選ばれる。

zico (OZ)
京都timepiece cafeにて始動したクラブイベント"people,
normal" をオーガナイズし、京都発インディーズ・レーベル『SECOND ROYAL』への出演を経て、ANARISHIN、VIRGIN、BANQUETといった関西新世代DJ陣と共に活動する。2011年4月から本町 NuoohにてO.T.A.とzicoのオーガナイズによる、最新「インディーミュージック」を軸にインディー・ポップ、ダンス、etc...と個性的な 6人によるマンスリーパーティー "OZ" を開催中。

★イベント『MONUMENT』の特設ページはこちらです → MONUMENT

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-11-14 07:57 | 愉快な仲間たちとのパーティー♪

祝デビュー40周年!郷ひろみ:HIROMI GO讃歌☆若さのカタルシス(1980年)

懸賞 2011年 08月 05日 懸賞

c0222662_6341697.jpg

★今年は郷ひろみ:HIROMI GOのデビュー40周年という年。3月11日以来、ニュースから目が離せない国難が続く日々。子供の頃から舶来好みで洋楽を主に聴き続けて今に至るけれど、やはり、どうしたって郷ひろみというお方の存在は色褪せることなど無いのです。リアルタイムは『裸のビーナス』から。とりわけ70年代の楽曲たち、ひろみのヒット曲たちはどれも私の少女時代と共にある好きな曲ばかり。シングル・ヒットの多いひろみ。でも、アルバムの中にも素敵な曲がいっぱい。映画やドラマ出演も多く、華麗なルックスは勿論ながら、やはり最大の魅力は「声」である。生まれ持った特徴的な声、長年のヴォイストレーニングによる現在の歌声...これまでの40年は郷ひろみという天職ゆえの軌跡。そして、50年、60年...と踊れなくなったっていい!ひろみの歌声が聴けるのならずっと共に歳を重ねてゆきたいと願う。私が最初に好きになったアイドル、スターである。一桁の子供だった私が40代になっている。こんなカッコイイ55歳はいない。いつまでもファッショナブルでストイック!意味不明なユニークな歌詞を大真面目に歌うひろみが大好き!あの可愛いひろみがこんなにまで・・・並大抵の努力ではないし、悲しいことも経て来ただろう...郷ひろみという天職ゆえに、山を下りまた一歩一歩頂を目指し続ける姿は神々しい。尊敬に値するお方が私の幼年期からのアイドルであること、常に前向きなひろみの姿を想い、私もこれからも自分の歩幅で歩いてゆきたい。東日本大震災の傷痕は大きい。私はその日本に生きる日本人である。これからも、ジャパニーズ・ポップスのスーパースター!郷ひろみ讃歌を続けます。敬意と感謝の気持ちと共に♪

1980年のシングル通算36枚目の『若さのカタルシス』(B面は『魔女裁判』)。テレビドラマ『ミセスと僕とセニョールと』の挿入歌でもあった。当時、「カタルシス」という言葉が知りたくて辞書で調べたものでした。アリストテレスのギリシャ哲学の言葉で、心の浄化という意味で、私も幾度も涙と共に経験した感覚でもあります。美しいアートも傍らに。ひろみから影響を受けているという及川光博版のカバー曲もあるそうです。

若さのカタルシス 歌:郷ひろみ
作詞:阿木燿子 作曲:都倉俊一 編曲:萩田光雄


燃える sunrise sunshine 若さのカタルシス
落ちる sunset sunglow 恋の冒険者たち
朝な夕なに あなたを想い キリキリ胸が痛むのに
あなたの前で素振りもみせずおどけてばかり
ぼくにとっての 不幸さ

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-08-05 07:11 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

必見です!『希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平』★ゲスト:郷ひろみ、ジュディ・オング、太田裕美他♪

懸賞 2011年 05月 25日 懸賞

★『希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平』という番組がBSプレミアムで、5月29日(日)午後7:30~8:59放送されます。凄いです!嬉しいです!筒美京平さんは日本が誇るポップ職人の最高峰なお方。これは永久保存版ですね。そして、間違っていたらご指摘願いたいのですが、筒美京平氏の作曲によるシングル盤の最多は我が永遠のアイドル、郷ひろみ:HIROMI GOであると思います。ヒット曲もやはりひろみが最多ではないでしょうか!という程、私の幼少時から今日の音楽好きの根源的なものは、筒美京平&郷ひろみによるもので、ジャパニーズ・ポップスの極致な名曲がわんさかあります。この番組にはそのひろみもご出演されると知り今からわくわくしています。他のゲストの方々の名も嬉しいです。J-POPではなく、ジャパニーズ・ポップスという言い方、あるいは歌謡曲というポップスが今も好きです。今だからこそ!また、筒美京平X郷ひろみの新曲を熱望しています!!

c0222662_11153957.jpg郷ひろみさんは今年、デビュー40周年です。6月1日には新曲『笑顔にカンパイ!』がリリースされます。作詞・作曲は布袋寅泰(デビュー30周年)。ひろみx布袋というコラボは初めてで異色な気もしますが、ポップで楽しい曲だと思います。『笑顔にカンパイ!』郷ひろみデビュー40周年記念シングルです。ひろみのマネージャーさんが布袋さんの大ファンだそうです。


『希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平』 BSプレミアム 5月29日(日)午後7:30~8:59

日本のJ-POPを確立した作曲家、筒美京平。ヒットチャート登場曲500曲以上、1位獲得数39曲、という圧倒的なヒット作の数々が示すように、作曲家としてデビュー以来音楽ファンを魅了するサウンドを提供し続けてきた。しかし筒美京平その人が、マスコミに登場することはほとんど無い。表に立つことを嫌い、プロの職人として裏方に徹する、その美学を貫き通してきたからだ。その筒美京平氏が今回一度限りという許諾のもとにNHKの番組に出演し、初めて自らを語る。

番組は筒美京平のヒット作品、サウンドを紹介しながら、個人として、音楽家としての貴重なインタビューを紹介。作曲家・筒美京平を「知る」テレビで初めての試みとなる。

【出演】筒美京平 【ゲスト】伊集院静,郷ひろみ,ジュディ・オング,太田裕美,中川翔子,松本隆,橋本淳,船山基紀,草野浩二
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-05-25 11:23 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

『いつも心に太陽を』歌:郷ひろみ 作詩:阿久悠 作曲:ミッキー吉野★明日「めざましソングエイド」出演♪

懸賞 2011年 04月 01日 懸賞

 この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 一日も早い復旧を祈り願うばかりです。

 また、この震災は国難であるので個々の出来ることを、しっかり情報を得、会見を聞き、被害を受けられた皆様、救援作業をしてくださっている皆様、ご家族の皆様に頑張ってください!と。徹夜で決死の作業をされている方々の姿に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!頑張ってください!と応援しています。日本人であること、日本が好きです。復興に向けて力を合わせる、思いや祈りは尊い力となると信じています。

 まだまだ安否不明の方々の数は減らない。地震と津波による自然災害のみならず、原発事故の脅威が追い打ちをかける。時間がかかるだろうけれど、夢と勇気、力を合せ心を寄り添いながら、心豊かな日本の復興、再建を願います。震災で両親を亡くした子供たちの数は未だ不明で、阪神淡路大震災よりも倍以上の数になるだろうと報じられている。このような悲劇の中でも、どうか「いつも心に太陽を」抱いて笑顔を失わないで頑張ってほしいです!

 今年は郷ひろみデビュー40周年!ひろみって日本の景気が衰退する折にヒット曲や代表曲が多い。天性の真面目さ、前向きな姿勢がそうした沈んだ時代に光を与えてくださる存在となって今日に至るのではないでしょうか...と「郷ひろみ讃歌」を私は続けるのです。1979年の通算31枚目となるシングル曲で、とっても爽やかな、ひろみらしい素敵な曲『いつも心に太陽を』を♪

c0222662_198409.jpg

「いつも心に太陽を」 郷ひろみ
作詞:阿久悠 作曲:ミッキー吉野

それでも生きている限り
いつも心に太陽を
いつも心に太陽を
いつも心に太陽を

YouTubeはこちら → 郷ひろみ/いつも心に太陽を (1979年)

★速報!めざましスペシャル めざましソングエイド フジテレビ 4/2(土) 8:30~9:55
『めざましテレビ』に今できること・・・歌の力で元気と希望を届ける。
被災地に足を運び歌を届けた、かりゆし58、郷ひろみ・平原綾香はスタジオから生で歌を届ける!

 
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-04-01 09:17 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

『星空サロン 夢見★First Anniversary Special』 3/19(土)@心斎橋SOCIOあめりか村  

懸賞 2011年 03月 19日 懸賞

c0222662_1756158.jpg

道を歩けばギラつく雑踏耳障るノイズ.
見つけた扉開いてごらん.
こちら一夜のロマンチック.
星降るお部屋においでませら.

星空サロン 夢見★First Anniversary Special
2011/03/19
場所:心斎橋SOCIOあめりか村
開場:23時
ADD/2000<1D別>
DOOR/2500<1D別>

Cast
・SpecialGuestLive・
シモーヌ深雪
怪奇と官能と愛の不毛をこよなく愛するシャンソン歌手。
また、1980年代より活動しているドラァグクイーンの一人。
デウス・エクス・マキナ的手法を用いたステージングアクトは、正統派ロマンティシズムとアンチリアリズムの信条に裏打ちされ、観る者全てに其かの鮮烈な印象を残す。
他に、パーティーオーガナイザー、ステージディレクター、コラムニスト、モダンホラー研究家などの顔を持つ。
DJ LaLaと共にオーガナイズするエンタテインメントパーティー“Diamonds Are Forever”は、去年末に20年目を迎えた。
(現在は京都CLUB-METROのレジデンツパーティーとして、月末の金曜日深夜に開催中。)

・AcousticLive・
血と薔薇
JET PEPPER TOWER、MAGIER SEXALICE、ALICE IN BATCAVEといったバンドでベースをプレイする傍ら、2009年より久々のソロ活動を再開。
シモーヌ深雪、アリスセイラー等と共演を果たす。
昭和歌謡とニューロマンティックを融合し本物の贋作を目指す。

・DarkCabaretLiveShow・
秋葉原紫音
キラキラ耽美ロマンティストが贈る。
哀愁のダークキャバレーショーライブ。
http://www.myspace.com/sionsdarkcabarett
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8175627

・FetishShowTime・
witasexalice
耽美・退廃の世界は唯一無二のフェティッシュ見世物小屋。
ノースタウンでアングラ奇怪なBARを経営してます。
暗く優しい世界でゆるりと闇に生息しています。
http://witasexutopia.com/

・FashionShow・
PANDRA
http://pandola.dayuh.net/index.html

・DragQueenShow・
シモーヌ深雪
Ruiz
BLUERETT
missRAFFLESIA

・Art・
gaimon
genome

・DJ・
VELVETMOON
http://www.velvet-moon.com/
sion★akihabara

・DreamingDolls・
夢子
一夜

・booth・
PANDORA
http://pandola.dayuh.net/index.html

【次回星空予告】
~SOCIO★2011052123:00~
前売りチケット問い合わせ先
心斎橋SOCIO
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-11-5-2F
【tel】 06-6213-2060
【fax】06-6213-2061 
【e-mail】 music_socio@livedoor.com
http://idea-estate.co.jp/socio/
http://blog.livedoor.jp/music_socio/
星空サロン夢見
mixicommunity ID:5249756
又はCastまで.

★星空サロン『夢見』一周年記念パーティーです。一回目からDJで参加させて頂いています。
こんな非常事態での開催となり個人的に複雑な気分ですが、
私はいつもの感じ(暗め)かつ祈りのような音楽をかけようと思います。
音楽は素晴らしい力があるので♪
豪華な出演者方でステージは華やかなです!
また、この日は「夢拾募金」もあります☆

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-03-19 23:00 | 愉快な仲間たちとのパーティー♪

『雨に唄えば』シェイラ&B.デヴォーション(1978年)★原曲ジーン・ケリー同名映画(1952年)♪ 

懸賞 2011年 02月 17日 懸賞

c0222662_12181324.jpg

★シェイラ(SHEILA)はシルヴィ・ヴァルタン、フランス・ギャル、フランソワーズ・アルディ等と共に60年代のフレンチ・ポップス・シーンのアイドルのお一人。本名はアニー・シャンセルといい、1945年8月16日生まれのイル・ド・フランス圏のクレテイユ出身。稼業のお菓子屋さんのお手伝いをしていた明るい少女だったと想像しています。シェイラは、明るく健康的な可愛らしさが魅力の一つ。イェイェ・ブームの折は大ヒット曲がいっぱいですが、次第に時代と共にアイドルから脱皮してゆく時期が訪れる。それは、アイドルの宿命なので、古今東西の人気アイドルたちに共通するもので、その軌跡を追うのも好きです。消えてゆくアイドルが多い中、才能やルックスだけでは先が無いことを熟知し、ダンス・レッスンを重ね方向転換して行ったシルヴィ・ヴァルタン。このシェイラも70年代後半になると、ディスコ・ブームに乗るかたちで、英語圏にアピールできる作品を発表してゆく。

シェイラ&B.デヴォーション(SHEILA&B.DEVOTION)と名義も変わる。黒人バックダンサー3人との踊って歌える歌手シェイラと変身!個人的にはこのシェイラ&B.デヴォーション以前、以後という感じで聴き分けているような感じもあります。シェイラもカバー曲の多いお方で、イェイェ時代のキュート・ポップに好きな曲が多いのですが、70年代以降の雰囲気もまた素敵だと思えます。そこで、今日はシェイラ&B.デヴォーションの1978年のヒット曲『雨に唄えば(SINGIN' IN THE RAIN)』を。シングル・ヴァージョンとディスコ・ヴァージョンがあります。英語圏でも殊にイギリスでは大ヒット!という曲でシェイラも英語で歌っています。オリジナルはジーン・ケリー主演のミュージカルの名作『雨に唄えば』の主題歌です。私はジーン・ケリーやシド・チャリシーが好きですし、ミュージカルって大好き!この名曲のディスコ・ヴァージョンが26年程経て、フランス人のシェイラが歌いヒットしたという時代。ディスコ・サウンドは詳しくないのですが、こうして出会えるのは大抵女性ヴォーカルです。まだまだシェイラの楽曲や作品など、追々更新してまいります♪

★歌って踊るシェイラ&B.デヴォーション/雨に唄えば(1978年)♪

★ジーン・ケリー/ミュージカル映画『雨に唄えば』より(1952年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-17 11:50 | ガールズ・ポップ★洋楽

『ホワッド・アイ・セイ』シルヴィ・ヴァルタン(1962年)原曲レイ・チャールズ『何と言ったら』(1959年)

懸賞 2011年 02月 15日 懸賞

c0222662_227221.jpg

★初期のシルヴィ・ヴァルタンを続けます。シルヴィは現役のお方なので、もう!とんでもないくらいに大好きな曲がいっぱいですが、やはり初期から辿ってゆくのが好きなもので。そして、カバー・ポップスがこれまた大好き!オリジナル曲や70年代以降のシルヴィ・ヴァルタンを辿ることは、個人的なポップス愛好過程の秘かな愉しみでもあります。そこで、今日の1962年の『ホワッド・アイ・セイ(Est ce Que Tu Le Sais)』は同年の1stアルバム『シルヴィ・バルタン・プルミエ(SYLVIE)』に収録されています。オリジナルはレイ・チャールズ(Ray Charles:1930年9月23日~2004年6月10日)。幼少の頃に緑内障による失明という苛酷な人生を負いながらもピアノを学び、50年代から多くのヒット曲を生んだ偉大なるソウル・シンガーで「ソウルの神様」と呼ばれているお方。

この『ホワッド・アイ・セイ(What'd I Say)』はレイ・チャールズの『何と言ったら』という邦題で当時日本盤になったそうです。今では『ホワッド・アイ・セイ』で通っているオールディーズの名曲の一つ。エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley:1935年1月8日~1977年8月16日)のカバーでも有名ですが、フランス語で歌うシルヴィ・ヴァルタンの『ホワッド・アイ・セイ(Est ce Que Tu Le Sais)』ヴァージョンを最も多く聴いています。まだシルヴィも10代で髪もショートカットにパンツルックでツイスト!とってもキュートでご機嫌なのです♪

★とってもキュート!ダンスもお上手☆シルヴィ・ヴァルタン/ホワッド・アイ・セイ(1962年)♪


★オリジナルのレイ・チャールズ/ホワッド・アイ・セイ(1959年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-15 22:06 | シャンソン・フランセーズ

『悲しき雨音』シルヴィ・ヴァルタン(1963年)★麻丘めぐみ(1976年)原曲:カスケーズ(1963年)♪

懸賞 2011年 02月 14日 懸賞

c0222662_2494729.jpg

★フランス産のガールズ・ポップは個人的に最も大好きです。60年代の作品となるとかなり後追いなので、当時の時代感を体験していないのが残念ですが、その空気感を想像しただけでも楽しいです。アメリカン・ロックンロールのフランス版は「イエイエ」とか「イェイェ」と表記されますが、当時のアメリカン・ロック&ポップスは異国の若者たちを熱狂させていたという空気が好きです。アメリカン・ドリーム健在だった頃が。ジョニー・アリデイを筆頭に女性ではやはりこのお方!フレンチ・ポップス界の女王☆シルヴィ・ヴァルタンの1963年の日本デビューとなるシングルです。A面はポール・アンカのカバー曲『いつでもあなたを』を英語で、B面はカスケーズの最大のヒット曲『悲しき雨音』をフランス語ヴァージョンで収録されています。シルヴィってとっても美人でファッションも素敵。フランソワーズ・アルディ、フランス・ギャル、シェイラ、シャンタル・ゴヤ...と60年代以降も数多くの名曲&代表曲がありますので、イエイエ及びフレンチ・ポップスももっと頻繁に更新してゆきたいと思います。

c0222662_2581167.jpg

日本での次のシングルは『おセンチな17才/想い出のダンス・パーティー』なので、この『いつでもあなたを/悲しき雨音』と順序が逆なのでちょっと整理が必要となりますが、それも何だか愉しいです。アルバムでは『おセンチな17才』と『想い出のダンス・パーティー』は1962年の1stアルバム『シルヴィ・バルタン・プルミエ(SYLVIE)』に収録、『いつでもあなたを』と『悲しき雨音』は1963年の2ndアルバム『シルヴィ・バルタン・ドゥジューム(TWISTE ET CHANTE)』に収録されています。

★シルヴィ・ヴァルタン/悲しき雨音(フランス語ヴァージョン)♪

★オリジナルはカスケーズのヒット曲で、多くの方がカバーされていますが、カコちゃんこと麻丘めぐみ・ヴァージョンもとっても素敵です(1976年)。こちらは日本語でのカバーで訳詩は岩谷時子!「すてきなバルタン」ですが「すてきなカコちゃん」でもあります♪

彼を待ってる窓辺に 淋しい雨の音
   ひとりぼっちの ためいきか
   こぼれる涙か

   彼は私が愛した ただひとりの男
   なのに彼には わからない
   私のこころが

★麻丘めぐみ/悲しき雨音(日本語ヴァージョン)♪

★アメリカはサンディエゴ出身の5人組カスケーズの1963年の大ヒット曲『悲しき雨音(Rhythm of the Rain)』。本家のカスケーズ(The Cascades)ヴァージョンも♪

★カスケーズ/悲しき雨音(オリジナルの英語曲)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-14 03:02 | シャンソン・フランセーズ

『にくい貴方』ナンシー・シナトラ(1966年)★『夜のストレンジャー』フランク・シナトラ(1966年)♪

懸賞 2011年 02月 12日 懸賞

c0222662_131897.jpg

★ナンシー・シナトラ(Nancy Sinatra:1940年6月8日生まれ)は父フランク・シナトラと母ナンシー・バルバト(イタリア人)の娘であり、フランク・シナトラの長女。活動の絶頂期は60年代で多くのヒット曲&代表曲がある。私が最初に聴いた曲は『にくい貴方(These Boots are Made For Walkin')』で、すっかり好きになった曲。後にLPでも聴き、シングル以外の楽曲にも好きなものは多い。この『にくい貴方』のキュートな映像がありましたので掲載させて頂きます。

★バックダンサーの女性たちもキュートです☆ナンシー・シナトラ/にくい貴方(1966年)♪

c0222662_1313592.jpg

★ナンシー・シナトラの父で、偉大なる歌手であり俳優でもあるフランク・シナトラ(Frank Sinatra:1915年12月12日~1998年5月14日)も同年1966年に『夜のストレンジャー(Strangers in the Night)』のヒット曲があり、この曲でグラミー賞も獲得。また、この1966年にはミア・ファローと再婚された年でもあり、30歳も歳の離れたご結婚(ナンシー・シナトラの方がミア・ファローより年上)ということで話題に。それ以前にはエヴァ・ガードナーともご結婚されていた。熟年期のシナトラの代表曲の一つだと思います。渋い歌声です♪

★フランク・シナトラ/夜のストレンジャー(1966年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-12 01:29 | ガールズ・ポップ★洋楽

『二人だけのデート』ダスティ・スプリングフィールド(1963年)★ザ・ツーリスト(1979年)♪

懸賞 2011年 02月 11日 懸賞

c0222662_22173.jpg

★"ガールズ・ポップ"というと50年代から60年代のアメリカン・ポップスのガールズ・サウンドから始めないとならないのでしょうが、この辺りになるともの凄く!後追いで今もまだまだ知らないサウンドがいっぱいです。洋楽は英国のアーティストから入ったので、今回はブリティッシュ・ガールズポップを。『二人だけのデート(I Only Want to Be with You)』という名曲です。オリジナルはダスティ・スプリングフィールド(Dusty Springfield:1939~1999)の1963年発売のヒット曲です。私が知ったのはベイ・シティ・ローラーズ(The Bay City Rollers)のヴァージョンでした(1976年)。ベイ・シティ・ローラーズファンの女の子が居たのでよく聴かせてもらいました。私は郷ひろみファンでしたが、その友人は西城秀樹ファンだったはずなのに、いつの間にかすっかりベイ・シティ・ローラーズに関するものを集めていて色々お持ちでした。その彼女も暫くすると、近藤真彦ファンとなっていました。

★ダスティ・スプリングフィールド/二人だけのデート(1963年)♪

c0222662_224624.jpg

私はひろみで知ったデヴィッド・ボウイ、ケイト・ブッシュへと洋楽の比重が一気に傾いていたのです。なので、自分で購入した最初の『二人だけのデート』は今も大好きなアニー・レノックス(Annie Lennox)がヴォーカルのユーリズミックス(Eurythmics)の前身バンドとなるツーリストあるいはツーリスツ(The Tourists)のヴァージョンでした。でも、ユーリズミックスを先に購入したのでこれまた後追いでしたが。当時は映像など観たこともなかったのですが、何でもあります天晴YouTube!

★ユーリズミックスの前身バンドのツーリスト/二人だけのデート(1979年)♪

ベイ・シティ・ローラーズ関連だとひろみがカバーした『バイ・バイ・ベイビー』(1975年)の事を以前綴りましたが、この曲は郷ひろみヴァージョンの方がやはり好きです。『明星』ではずっとひろみが人気投票1位でしたが『平凡』では他の方に1位を奪われることもあったように記憶しています。そのせいか分かりませんが『明星』派でした。映画雑誌も『ロードショー』も偶に購入していましたが、母の時代から我が家は『スクリーン』派でした。やはりベイ・シティ・ローラーズ・ヴァージョンも♪

★ベイ・シティ・ローラーズ/二人だけのデート(1976年)♪

★関連記事:『バイ・バイ・ベイビー(BYE BYE BABY)』ベイ・シティ・ローラーズと郷ひろみ(共に1975年)♪
★関連記事:麗しのアニー・レノックス★ユーリズミックス(EURYTHMICS)『スイート・ドリームス(SWEET DREAMS)1983年♪
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-11 02:20 | ガールズ・ポップ★洋楽

郷ひろみ『誘われてフラメンコ』(1975年)作詞:橋本淳 作曲:筒美京平★スパニッシュ風高速ポップな名曲

懸賞 2011年 02月 09日 懸賞

c0222662_21473736.jpg

A面 誘われてフラメンコ
作詞:橋本淳 作曲・編曲:筒美京平
B面 夏の一日
作詞:橋本淳 作曲・編曲:筒美京平
1975年 13作目のシングル

★小学生時代のあのときめき!郷ひろみの初期名曲(ばっかりですが!)『誘われてフラメンコ』。1975年の13枚目のシングルです。橋本淳氏の歌詞と筒美京平氏の曲、そして、ひろみのあのお声&歌唱法!大好きな曲です。ひろみって無国籍風でどこか異国の王子様のようです。この曲は高速なリズムでスパニッシュ風味のカッコイイ楽曲ですが、やはりあの語尾の"真夏の~ッ"(キュッと上がる)"匂いは~ッ"(キュッと上がる)というのが最高です!ひろみの天性の独特の声質ならではの名曲だと思います。現在もまだまだ高い声が健在なのもストイックさの表れ。ひろみのバラードも好きだけれど、意味のあるような無いような、ユニークな歌詞を真面目に歌うポップなひろみが大好きです!京平先生も次はどんな曲にしようかと、作曲意欲が湧いておられたようです。駄作曲皆無!と豪語したい程、郷ひろみ&筒美京平は歌謡曲史に光輝き続ける、色褪せない見事な組み合わせだったと思うのです。下の懐かしいお姿!20歳のひろみです。カッコイイけれど可愛いのがイイ!ストーンとスリムな体型がイイ!歌いながら目が泳ぐひろみが大好きです☆


★まだ可愛らしさが残る20歳になられたひろみ☆名曲!郷ひろみ/誘われてフラメンコ(1975年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-09 21:42 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

桜田淳子『化粧』(1981年)作詞作曲:中島みゆき★22歳のお美しさ!感動の女優:桜田淳子ならではの名歌♪

懸賞 2011年 02月 09日 懸賞

c0222662_763283.jpg

A面 化粧
作詞・作曲:中島みゆき 編曲:大村雅朗
B面 夢追い
作詞:麻木かおる 作曲:小田裕一郎 編曲:信田かずお
1981年 33作目のシングル

★桜田淳子を続けます。中島みゆきによる楽曲で大好きな『化粧』(1981年元旦発売)です。淳子ちゃんも22歳になられました。もうすっかり淳子さんといった雰囲気。けれど、私はずっと少女の持つ潔癖性というものをこの桜田淳子というお方に感じ続けて来たので、自分でこれまで思っていた以上に大きな存在だったように、こうして綴っていると感じます。私は今もまだ私的な少女幻想に囚われているのかもしれない。私も潔癖性の強い少女時代を送って来たもので、これらの思いは簡単に綴れないけれど、それも私の人生である。今はすっかり年月を経たけれど、私の少女時代の想い出がそっくりぴったりと合致してしまうのです。そんな多感な時期を桜田淳子というお方と同じ時代を生きていたこと、郷ひろみという存在と今も一緒に歳を重ねていられることはしわせに想えます。人それぞれの生き方や考え方、感じ方があるけれど、私はどうしても子供の頃の想い出たちが一緒なので、時間軸が揺れ動き、幼き頃と今が往来してしまうのです。

この『化粧』という素晴らしく劇的な歌。流石の中島みゆき世界!大好きな桜田淳子ヴァージョンを2つ掲載させて頂きます。どちらの淳子ちゃんも大好きですが、特に2つ目の23歳になられたお姿は艶やかであり、かつ何か運命を背負っているかのような、光の傍らに在る哀しみのようなもの、それも「美」であるので、ただただ複雑な感慨深い想いに浸ってしまいますがお綺麗です♪

化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど
せめて今夜だけでも きれいになりたい
今夜あたしは あんたに逢いにゆくから
最後の最後に 逢いにゆくから


★落ち着いた品格がありお綺麗です☆桜田淳子/化粧(1981年)♪


★和装姿の美麗さよ!細く美しい指先の動きと憂い☆桜田淳子/化粧(1981年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-09 07:25 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

桜田淳子『しあわせ芝居』(1977年)作詞作曲:中島みゆき★19歳になった淳子ちゃんの名曲にまたしても涙♪

懸賞 2011年 02月 09日 懸賞

c0222662_5293572.jpg

A面 しあわせ芝居
作詞・作曲:中島みゆき 編曲:船山基紀
B面 晩秋
作詞・作曲・編曲:穂口雄右
1977年 21作目のシングル

★桜田淳子の『しあわせ芝居』が発売された頃は、もう発売日にシングルを購入するようになっていた。郷ひろみと桜田淳子のシングルは共にそんな感じ。自転車に乗れない母のお買いものに付き添い、荷物を持つというのが私の小学生から高校生の頃までは任務でもあった。けれど、必ず何かひとつ買って貰えるのだった。なので、この頃買っていたレコードの大半は母とのお買いものとの想い出が共にある。小さな弟は2つ、3つと欲しいものが多くてなかなか一つが選べずベソをかいていた。この『しあわせ芝居』も伊丹の商店街のレコード屋さんで購入。こんな日は早くお家に帰りたくてわくわくしていた。私一人なら自転車でさっさと帰宅出来るのだけれど、母はバスなので一緒に帰るのだった。帰宅して、初めてレコードに針を置く、あの瞬間!歌詞を追いながら聴く。ああ!またしても淳子ちゃんの歌で泣いてしまった。恋愛というものを少女マンガの中で疑似体験している頃で、今聴く思いとも違っていたはずだけれど、この『しあわせ芝居』の中の主人公の女性の心をその頃の私なりになにか感じていたのだろう。物悲しい恋歌。子供の頃から、悲恋物語が好きな傾向ではあったけれど、とにかく、淳子ちゃんの歌や語り、お芝居で涙した回数は多い。

この頃の淳子ちゃんは19歳になられ、阿久悠&中村泰士、阿久悠&森田公一時代から中島みゆきの曲を歌う時代となってゆく。阿久悠先生は淳子ちゃんのデビュー前からずっとこの稀有なる少女を見守っておられた。少女を愛でる気持ち、そしてその少女が大人になってゆく姿を見つめながら。中島みゆきさんは『わかれうた』が同じ頃大ヒット!何かのインタビューで、その中島みゆきさんが、「桜田淳子さんにとても影響を受けています」というようなお話をされていた。嬉しかった!女性ならではの感性というものがある。とんでもなく素晴らしい中島みゆき世界ながら、そのお方が影響を受けている。それは、元来併せ持つ淳子ちゃんの女優としての素養、表現力の豊かさがさらに向上していた時期でもあるのだから。淡々と失恋の物語が歌われる。それは綴られるというような感じで、私はこの『しあわせ芝居』によって中島みゆきにも興味を抱いたのである。LPも買い聴いていた。母もすっかり中島みゆきファンになっていたので共通の世界が持て嬉しかった♪

わたしみんな気づいてしまった
しあわせ芝居の舞台裏
逢いたがるのは私ひとり
あの人から来ることはない


★桜田淳子/しあわせ芝居(1977年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-09 05:35 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

『あこがれ共同隊』郷ひろみ&西城秀樹&桜田淳子共演ドラマ★主題歌『風の街』山田パンダ(1975年)♪

懸賞 2011年 02月 08日 懸賞

c0222662_11591997.jpg
★先月、お友達との会話の中で出てきた懐かしい『あこがれ共同隊』というドラマのこと。彼女は当時は秀樹のファンだったけれど、今思うとひろみも可愛かったと。このドラマは郷ひろみ、西城秀樹、桜田淳子という、ビッグ・アイドル3人の共演ドラマだったのです。私の最も古い記憶のひろみ出演ドラマということになる。秀樹や淳子出演ドラマも同様にこの『あこがれ共同隊』が最初に観たもの。でも、"観ていた"のは間違いないのだけれど、ストーリー等ほとんど覚えていない。ひろみが主役っぽくて、秀樹と淳子ちゃんがカップルで、三田佳子さんがお綺麗で...など断片がちらほら。そこで、お世話になりっぱなしのYouTubeで検索すると、その主題歌であった『風の街』を発見!山田パンダというお方の名を知ったのもこのドラマである。何せ、子供だったので"フォークソング"も知らないし、かぐや姫というグループもまだ知らない頃だった。この曲を聴いているうちに、もう少し想い出せそうな、不思議なノスタルジーに包まれるかのようです。この歌の作曲者は吉田拓郎とあった。"拓郎"というと、『ムー』や『ムー一族』の中のひろみの役名であり、吉田拓郎さんは『よろしく哀愁』をカバーされてもいるので嬉しきお方。

そして、調べてみると下記のような情報を掲載してくださっていたので、新たな発見いっぱいです。知らないことだらけでしたが、この主題歌『風の街』のバックコーラスには山下達郎も参加とか、キョンキョンも子供の頃観ていたとか記されている。小泉今日子というとデビューから今もひろみと同じ事務所所属で妹的な存在として、まだ小さなバーニング事務所の初期から活躍されているお方。当時はナベプロが一番大手の時代なので、今日のようなバーニングやジャニーズの逆転までの歩みを歌謡曲史として眺めてみると、やはり"郷ひろみ"というスーパー・アイドル&スターの存在(スタッフ方を含めて)の大きさを再認識いたします。勿論、秀樹も凄い人気だったし、淳子ちゃんも!しかし、それにしても、ひろみ&秀樹&淳子という、この超ハード・スケジュールであった組み合わせのドラマが実現していたことに驚いてしまう!そして、共演者たちの顔ぶれもとっても豪華!名優たちとフォーク界の大物たち。浅田美代子やシェリーも好きでした♪

『あこがれ共同隊』
1975年6月6日~9月26日まで、金曜日夜8時から1時間枠で放送されたテレビドラマ

【作品内容】
●東京原宿・表参道を舞台に、現代(当時)の若者たちの青春の生きざまを描く。縫製工場の見習いで主人公の八田広介(郷ひろみ)は、大企業の社長(高橋昌也)の息子だが父と衝突して独立。生活費を節約し、ファッション雑誌を読んで一流デザイナーを目指している。畠山竜也(西城秀樹)は酒屋の息子。不治の病に冒され、ジョギング中に発作を起こし、池にはまって命を落としてしまう(第7話までの出演)。畠山竜也の恋人役として桜田淳子がドラマ初主演。第1回には山口百恵もゲスト出演した。主題歌を歌った山田パンダも、原宿のジャズ喫茶のマスター役でレギュラー出演。南こうせつ、伊勢正三、イルカ、りりィ、吉田拓郎等、当時の人気フォークソング・アーティストも多数ゲスト出演した。

【キャスト】
郷ひろみ (八田広介・主人公)
西城秀樹 (畠山竜也・酒屋の息子)
桜田淳子 (黒沢明子・畠山竜也の恋人)
高橋昌也 (八田広介の父)
黒柳徹子 (畠山竜也の母)
三田佳子 (黒沢令子・黒沢明子の姉・八田広介の父の愛人)
田中邦衛 (八田広介の叔父)
森本レオ (志郎・畠山竜也の家の住み込み従業員)
シェリー (正子・志郎の恋人)
せんだみつお (海老蔵・黒沢令子の喫茶店のボーイ)
浅田美代子
長門裕之
黒沢久雄
常田富士男
山田パンダ
吉田拓郎
玉川良一

【スタッフ】
脚本:柴英三郎 、西条道彦、内田栄一
プロデューサー:大山勝美
演出:堀川敦厚、峰岸進、片島謙二、近藤邦勝
音楽:
主題歌:山田パンダ「風の街」(作詞:喜多条忠、作曲:吉田拓郎、編曲:瀬尾一三)
1975年6月発売
制作:TBS

参照・引用:wikipediaより


★ドラマ『あこがれ共同隊』の主題歌☆山田パンダ/風の街(1975年)♪

★上のお写真素敵です!ひろみと秀樹が肩を組み合っていて、淳子ちゃんと百恵ちゃんも可愛い!せんだみつおさんも面白かったなあ。また観てみたいです♪
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-08 11:49 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

桜田淳子『気まぐれヴィーナス/若い人のテーマ』1977年の名曲&主演映画の主題歌★19歳になった淳子ちゃん

懸賞 2011年 02月 07日 懸賞

c0222662_67814.jpg

A面 気まぐれヴィーナス
作詞:阿久悠 作曲:森田公一 編曲:船山基紀
B面 若い人のテーマ
作詞:阿久悠 作曲:森田公一 編曲:船山基紀
1977年 19作目のシングル

c0222662_14185018.jpg

★『気まぐれヴィーナス』は桜田淳子19枚目のシングルであり、淳子ちゃんも19歳になられました。阿久悠氏の歌詞も大人の階段をのぼってゆく少女の成長と共に詩的かつ微妙なニュアンスを散りばめているかのようです。この頃の淳子ちゃん、髪をショートにされ、お衣装も今までよりも大胆に変化されドキッ!でも決して上品さを失うことはなくキュートなのです。よく歌った(口ずさんだ)ものです。この頃になるとジュンコ仲間がクラスに何人か居ました。雑誌の交換をしたり、レコードをお家で一緒に聴いたりしていました。淳子ちゃんもとても絵のお上手なお方ですが、仲良しのお友達にイラストの上手な女の子が居て、彼女もノートの端っこによく淳子ちゃんの似顔絵などを書いては見せてくれました。ああ、懐かしいです!

B面は淳子ちゃん主演の映画『若い人』の主題歌『若い人のテーマ』が収録されています。阿久悠&森田公一コンビのヒット曲時代。残念ながら、この映画は未見です。淳子ちゃんの憧れの吉永小百合さんと共演されたもので、主人公の高校三年生の江波恵子役は嘗て吉永小百合さんも演じておられる。私は『病院坂の首縊りの家』(1979年)が淳子ちゃん出演映画の初見なので、これまた、もう少し早く生まれていたかった...なんて思います。思いを寄せる間崎慎太郎先生役は『太陽にほえろ!』の殿下こと小野寺昭と書かれています。監督は河崎義祐、原作は石坂洋次郎で、4度目の映画化だそうです。いつか観てみたいです♪


★とってもキュートでお綺麗な淳子ちゃん!桜田淳子/気まぐれヴィーナス(1977年)♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-07 06:31 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

桜田淳子『花物語』(1973年)★初めて美しい乙女恋歌に涙した名曲!桜田淳子は私の少女時代の憧れのお方♪

懸賞 2011年 02月 05日 懸賞

c0222662_523790.jpg

A面 花物語
作詞:阿久悠 作曲:中村泰士 編曲:あかのたちお
B面 のっぽの恋人
作詞:阿久悠 作曲:中村泰士 編曲:高田弘
1973年 4作目のシングル

★2011年の今年。このブログでは私の少女時代と共にあった大好きなアイドルたちや素晴らしい楽曲たちのことを中心に出来るだけ更新してゆこうと思います。70年代から80年代前半頃までがまったくの個人的な「私的歌謡曲史」なのです。私の年齢も一桁の子供から10代の多感な思春期、そして青春期へという過程とまったく重なり合うのです。麻丘めぐみから一気に私の心を鷲掴みにしたお方!それは桜田淳子でした。"ジュンコちゃん"と幼い私はあの天使のような美少女アイドルに心躍る日々でした。なので、今でも当時から持っている古いレコードたちは想い出と共にあります。郷ひろみのレコード(CD)の次に多く持っているのが桜田淳子のレコード(CD)なのです。少女マンガが大好きだったので、当時人気のアイドルたちのページも掲載されていたものでした。雑誌の「明星」や「平凡」などの付録なども懐かしく思い出します。ひろみファンは友人のお姉さんたちに多かった。そして、年下の私に彼女たちはとても優しく親切にしてくださった。まだ雑誌を買えない年だった私に見せてくださったり。ひろみより約半年後に『天使も夢見る』でデビューされた桜田淳子。エンゼル・ハット姿と明るく生真面目さが表れている一生懸命に歌うお姿。70年代後半頃から時々、自分でも「明星」などを買うようになった。やはり、新御三家の郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎、三人娘の桜田淳子、山口百恵、森昌子、同い年の岩崎宏美...中でも、ひろみとジュンコちゃんが私には別格的に大好きな存在だった。

桜田淳子の4枚目のシングルとなる『花物語』を聴いて(多分テレビで)この曲の歌詞が心に響き渡るので、遂に母にお願いして買って貰った。そして、すっかり歌詞を覚えてしまい空でいつも流れていた。あまりにも美しいのでよく泣いていた。歌謡曲を聴いて初めて泣いた曲は『花物語』なのです。その次の『三色すみれ』、一曲次の『花占い』と可憐なジュンコちゃんとお花はお似合いだった。流石!詩人、阿久悠ならではの名曲群がその後も続く。小学生の時にジュンコちゃんの下敷きを持っていた。使うと黒くなってゆくので大事にしまっておいた。長年スヌーピーの下敷きを使っていたのだけれど、剥がれてしまって遂にジュンコちゃん下敷きを学校に持って行った。クラスの男の子がファンだったようで、その下敷きのお陰でジュンコ仲間が見つかった。そして、山口百恵ファンが次第に急増する中、隣の席になった女の子が『ゆれてる私』を口ずさんでいたので嬉しかった。彼女とはその後もすっかり仲良くなった。紅白歌合戦でトップバッターは郷ひろみと桜田淳子っていう時期があったように思う。多分、若手のホープとして当時の人気の高さが窺えることだとも思う。

私はひろみファンだけれど、新御三家が好きだったし、高校生になっていた三人娘やスター誕生から次々とデビューされる女の子アイドルたちが好きだった。母は百恵ちゃんのファンだったけれど、淳子ちゃんのことも気にしてくれていた。表紙がひろみ&淳子という時は喜んで雑誌を買っていたものです。桜田淳子というお方は今から思うと、元来の女優素養の濃いお方であった。表現力が少女アイドルの中でもダントツに高かったと思う。『花物語』の語りの部分から歌へ。美しい楽曲のみならず、ジュンコちゃんのあの歌い方、あの容姿、佇まい、表情...すべてから私は「美」を感じたのだと思う。一途でけな気な乙女心をお花に託して歌う桜田淳子。阿久悠氏が「天使」と言い、「不可思議な美少女」と言っていた稀有なるアイドルだった。それぞれの個性があるので、私は百恵ちゃんも好きだし、秀樹も五郎も好きだったと言える。ただ、今も心トキメキ続けるのは郷ひろみであり、そして私のそっくりそのまま少女時代と重なる桜田淳子の歌手時代には想い出がいっぱいあるのです。けれど、女優、桜田淳子のファンも続けていたので、芸能界から引退状態になってしまった時はショックでした。でも、いつかまた映画とか歌をお聞きしたいです。もっと、純粋にアーティストを評価してくださるお方ばかりだと良いのだけれど...。ひろみは超別格!けれど、ジュンコちゃんを応援されているお方が今も多く居られることが嬉しいです。なので、マニアではないのですが、これからも私の想い出と共に、桜田淳子の軌跡を作品と共に取り上げてゆこうと思います。

★初めて買って貰ったジュンコちゃんのシングル☆桜田淳子/花物語(1973年)♪


★『花物語』のB面の名曲☆桜田淳子/のっぽの恋人(1973年)♪

★貴重なお姿などと共に拝見でき嬉しいです。あげてくださった方々、ありがとうございます!
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-05 01:54 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

郷ひろみ 『天使の詩/青いしずく』 木下恵介アワー『おやじ山脈』 主題歌・挿入歌(1972年)♪

懸賞 2011年 02月 04日 懸賞

c0222662_528290.jpg

A面 天使の詩 
作詞:アン・グレゴリー 作曲:ポール・クーラック 日本語詞:ヒロコ・ムトー
B面 青いしずく 
作詞:ヒロコ ・ムトー 作曲:木下忠司
1972年 3作目のシングル

★もう数年早く生まれていたかった...と思うことが多い。とても1970年代前半の時代の空気感のようなものが好きだから。けれど、音楽や映画などを実体験していないので後追いばかり。この大好きな曲『天使の詩』のシングルの両面ともに、木下恵介アワー『おやじ山脈』というテレビ・ドラマの曲で、主題歌と挿入歌だったそうだ。その番組の放送は、1972年10月3日~1973年3月27日ということなので、郷ひろみとして歌手デビューされてすぐのこと。16歳頃の少年時代のひろみ大好き!勿論、今も大好きなのだけれど。

『天使の詩』はこの頃の郷ひろみならではの世界!優しく愛らしく、そしてちょっぴり寂しい美しい楽曲。ひろみの歌う"ラ~ラ"という響きがなんとも言えない。B面の『青いしずく』の作曲は木下恵介の弟である木下忠司。数多くの映画やドラマの名曲を残しておられる作曲家。作詞はこのシングル両面ともヒロコ・ムトーという、ひろみのシングルの中でも異色の一枚ではないでしょうか。他にも沢山ドラマ出演されていた少年時代のひろみ映像が観たいです。再放送かDVD化されると嬉しいのだけれど...と気長に待っていたいです♪

★youtubeにあげてくださっていたお方が居られたのですが今はもう聴けなくなりました...隠れた名曲もいっぱいのひろみの素晴らしい楽曲を讃えておられたのに残念ですが仕方ないですね♪

★勝手に連想してしまう関連記事:同名タイトルのイタリア映画『天使の詩』(ルイジ・コメンチーニ監督の1966年作品)も美少年映画で大好きなもので♪
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-04 05:21 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

麻丘めぐみ『森を駈ける恋人たち』(1973年)★初めて好きになった美少女アイドル♪

懸賞 2011年 02月 03日 懸賞

c0222662_239056.jpg

★私の初めて好きなった女性アイドルは麻丘めぐみ!愛称は「カコちゃん」。最初に好きなったアイドルは郷ひろみの私!このお二人の歌手デビューは近く、ひろみより2か月程先に『芽ばえ』でデビューされた。強豪多い中、最優秀新人賞を獲得された。生年月日は1955年10月11日なので、これまたひろみと一週間違いの同い年。正しく歌手としては同期生。ところが、そのデビュー当時の動くお姿は、残念ながらほとんど記憶になかったのだけれど、子供心に『わたしの彼は左きき』を歌う番組で心奪われてしまった。トキメク!あの瞬間って忘れられない。ずっとお姉さんの麻丘めぐみさんなのに、”かわいい~!!"ってキュンとなった。横に動きながら手のポーズ。ミニスカート姿からスッと伸びた美脚。そして、あのお姫様カットの長い髪が揺れる中の微笑みは優しく美しいのでした。1977年に一度引退されたけれど、今も現役で活動されているのも嬉しいです。

70年代のシングル曲は少し後追いながらすべて好きです。それもそのはず!作曲者は筒美京平だもの。私の好きな歌謡曲って筒美京平作品がダントツなのです。今日は麻丘めぐみさんのアイドル時代の代表曲の中でも、とっても好きな1973年の4枚目のシングル『森を駈ける恋人たち』を♪

★麻丘めぐみ/森を駈ける恋人たち(1973年)♪

★関連記事:麻丘めぐみ『芽ばえ』★郷ひろみ『天使の詩』(共に1972年)★最初に好きになった美形アイドル!
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-02-03 01:35 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

フォーリーブス『急げ!若者』(1974年)★華麗なる4人の動きとハーモニーに感激!

懸賞 2011年 01月 18日 懸賞

c0222662_21192680.jpg
★フォーリーブスは4人の素晴らしいハーモニーとダンスがピッタリ合って美しい!残念ながら私は1970年代後半の曲しか知らずにいる。テレビで観た記憶も4人はすっかり大人になっていた頃しか知らない。店主や幾人かの友人たちは、フォーリーブスの初期の代表曲をよく覚えていて羨ましい。結成は1967年というのだから、グループ・サウンズ(GS)全盛の頃。このGSもまた追体験で当時をまったく知らないので、タイガースのジュリー(沢田研二)やテンプターズのショーケン(萩原健一)がアイドルだったグループ・サウンズ時代を、ネオGSブームの頃になってようやく聴くことができたのだった。

フォーリーブスは、そうしたGSとは異なるスタイルで人気を博していたのだそうだ。フォーリーブスは歌とダンスに重点を置いたミュージカル志向なステージで、4人の華麗な姿のみならず、楽曲も素晴らしく好きな歌が多い。なので、古い曲をもっと知りたいと思っているところ。2000年代に入り再結成されたけれど、ター坊(青山孝)の急逝(2009年1月28日)により、この4人での活動は終えてしまった。長年の多くのファンの方々はどんなに悲しい想いだっただろうか...真面目そうで清潔感があり姿の美しいター坊が当時は好きだった。けれど、今ではコーちゃん(北公次)、トシ坊(江木俊夫)、ター坊(青山孝)、マー坊(おりも政夫)みんな素敵に想う。YouTubeにとっても綺麗な映像があり感激していた。この『急げ!若者』は1974年の25枚目のシングル曲だそうだ。少年隊はフォーリーブスの曲をよく歌っていて、この曲もカバーしているのは知っていた。

フォーリーブスと郷ひろみ!ひろみはご本の中でもフォーリーブスのみんなにとても親切にして頂いたと書いていた。もちろん、ジャニー喜多川氏のスカウトとなる場がなければ...という運命的な出会いだったのだけれど。子役の頃から愛らしいトシ坊のあの明るい声が聞こえるようだ。ひろみを紹介するシーンで「僕たちの弟」と語っていたあの優しいお声を!フォーリーブスとひろみのジョイント・コンサートのレコードを買ったのも、ずっとずっと後の事。なので、後追いばかりの70年代前半。でも、70年代の空気感がたまらなく大好きなのです♪

★華麗なるフォーリーブスの『急げ!若者』です♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-01-18 21:14 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

明けましておめでとうございます☆今年も郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌で素敵な一年でありたいです♪ 

懸賞 2011年 01月 06日 懸賞

c0222662_933377.jpg

新年、明けましておめでとうございます!

★2010年の大晦日の紅白歌合戦にひろみが9年ぶりに出場を決意されたので、その後半トップのメドレーを楽しみに待機し鑑賞していました。短い時間でのメドレーなので楽曲は新曲の『愛してる』~「NHK みんなのうた」の『僕らのヒーロー』~『男顔GROOVE!』の3曲構成でした。あっという間に終わってしまいましたがジャケット・プレイもバッチリ!ひろみはヒット曲がいっぱいあるので、もう少し時間が欲しいですが生放送だしそういう訳にもゆかないですね。最後は白黒の素敵なスーツ姿で手を振っておられました。

新年になりニュースで、2010年NHK紅白歌合戦の後半の視聴率が40パーセントを超えた高視聴率だったと知り嬉しかったです。ひろみを待っていたファンの皆様も多かったと思います。長年のファンの方々から小さな子供たちのファンの皆様まで、ひろみのファン層は広がっているのです。今年はデビュー40周年の年!昨年もハード・スケジュールな「GO!GO!イヤー」の55歳のひろみでしたが、今年も祝!40周年☆本当に凄いです。ひろみが20歳頃に「50歳になっても歌ったり踊ったりしていたい」と語っておられたことを、今も華麗に実現されています。60歳になっても、もっと先も、踊れなくなったってあのひろみのお声さえあれば!といつまでも夢と光を与えてくださる存在でいてほしいです。そんな郷ひろみとは天が与えた美しきもの。ご本人の天性の魅力だけでここまでの歩みは無い。それは、ストイックで苛酷な道のりであり、まだその歩みを続けておられるお方。少女だった私がすっかり大人になった今もこんなにトキメク存在であるひろみを冷静に振り返る...本当に素晴らしい!明るく眩しい笑顔や歌声に心躍った日々は今も継続しているなんて!苦を苦と思わない姿勢、常にご自分を高めようと前進してゆく姿にやはり「郷ひろみの美学」を感じてならない。これからも、ひろみが歌う限りいつまでも応援してゆきます♪

★2001年の映像です。ひろみはデビュー時からファーがお似合い☆この髪型好きなのでした♪


『NHK紅白歌合戦』に出場された、これまでの郷ひろみデータです。

●第1回目(初出場) 1973年 『男の子女の子』 
●第2回目 1974年 『花とみつばち』 
●第3回目 1975年 『花のように鳥のように』 
●第4回目 1976年 『あなたがいたから僕がいた』
●第5回目 1977年 『悲しきメモリー』
●第6回目 1978年 『バイブレーション』 
●第7回目 1979年 『マイレディー』
●第8回目 1980年 『How many いい顔』
●第9回目 1981年 『お嫁サンバ』
●第10回目 1982年 『哀愁のカサブランカ』
●第11回目 1983年 『素敵にシンデレラコンプレックス』
●第12回目 1984年 『2億4千万の瞳』
●第13回目 1985年 『COOL クール』
●第14回目 1990年 『Wブッキング』
●第15回目 1994年 『言えないよ』
●第16回目 1995年 『逢いたくてしかたない』
●第17回目 1996年 『2億4千万の瞳』
●第18回目 1997年 『お嫁サンバ '97』
●第19回目 1998年 『セクシーユー』
●第20回目 1999年 『GOLD FINGER '99』
●第21回目 2000年 『なかったコトにして』
●第22回目 2001年 『この世界のどこかに』
●第23回目 2010年 『GO!GO!イヤー紅白スペシャルメドレー』

※上のひろみのお写真はNHK紅白歌合戦のニュース・サイトより掲載させて頂きました。『僕らのヒーロー』のポーズですね♪
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2011-01-06 09:36 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

『SUCRE 10th Anniversary Party』★2010.12.5(Sun)at Kyoto Lab.Tribe★のお知らせです♪  

懸賞 2010年 12月 05日 懸賞

c0222662_11404976.jpg

SUCRE 10th Anniversary Party
◆MerryMilkPresents◆
CandyJane◆メアリ◆yurica◆さじ

2010.12.5(Sun)
at Kyoto Lab.Tribe
Open 16:30 Close 20:30
adv.2500yen door.2800yen
(別途1drink代要)

◆Shop◆
Ahiruya apartment
SUCRE
チョココルネ
桃源郷
FloralPicnic
Poppemonica
ミカヅキ
Melimelo
RoseMary

◆Shop&FashionShow◆Hair make by Matilda (from Salon Shangri-las)
Doris
Sincerely
Lucid Dreaming

◆SpecialGuest◆
Noddy Pixycherry
(FromDiamonds are Forever)
◆Performance◆
愛$菩薩
ODOODO
◆DJ&Lecture◆
Picorin
(Fromすきすきーエレポ)
◆DJ◆
ChouChou
(FromVelvetMoon)

◆Camera◆
T.Ueda

◆ご予約受付Shop◆
Ahiruyaapartment 078-331-6021
selectshop Dolly 06-6211-1417 info@d0ris.com
桃源郷 075-255-3133 shop@tougenkyou.jp

お問合せ
HP http://sucre1205.jugem.jp/
MAIL sucre1205@mail.goo.ne.jp
TWITTER http://twitter.com/#!/SUCRE1205

QRコードからもアクセスできます♪◆
ご予約受付MAIL◆sucre1205@mail.goo.ne.jp

◆Performance◆
愛$菩薩(アイドルボサツ)奈良が生んだ奇跡の子 愛$菩薩。僧衣から60S迄着こなすスーパー尼僧。人々の幸せを願い、京でお経ライブを行う。
ODOODO(オドオド)anjali(あんじゃり)の美術製作班、Wooo&az(zil)によるダークポップユニット。遠近感の狂った絵本。

◆Shop◆
Ahiruya apartment (アヒルヤアパートメント)
JaneMarpleを中心として女の子の自立と自己主張をお助けするお店です。 http://www.h6.dion.ne.jp/~ahiruya/

桃源郷(トウゲンキョウ)
ラブリー&ゴージャスをテーマにしたSelect shop。一点物の作家作品もございます。特別な日の装いにぜひ!http://www.tougenkyou.jp

Poppemonica(プーペモニカ)
ポップ・キュート・クラッシックなどなど。使いやすかったり、役に立つアクセサリーを提案します。

Melimelo(メリメロ)
メルヘンとロマンチックにポップの粉をふりかけました♪メルヘン小物のおみせです♪

RoseMary(ローズマリー)
リボンやウサギ、コリスなどのモチーフを使って女の子がカワイイと思うモノをカタチにした小物やさん。

チョココルネ
もこもこ動物たちのレトロで可愛いポップなワンダーランド。小物中心に取り揃えています。

floral picnic(フローラルピクニック)
個人的なピクニックから始まったお菓子屋さん。カラフルで可愛い焼き菓子をクリスマス仕様で♪

ミカヅキ
イラストレーター。パンク女子イラストをメインに活動中。イラスト雑貨を販売します。http://www.mkzk.net/

◆Shop&Fashion Show◆
Doris(ドーリス)
“小悪魔な女の子”をコンセプトとしたお洋服ブランド♪
http://d0ris.com/

Sincerely(シンシアリー)
「19世紀洋装店Sincerely」いつか読んだ西洋の少女小説の主人公のようにhttp://sincerely.babyblue.jp

Lucid Dreaming(ルシッドドリーミング)
コンセプトは『着る人によって表情が変わる、可愛いくなりたい女の子のための洋服』

◆Special Guest◆
Noddy Pixycherry(ノッディー ピクシーチェリー)
Diamonds are Foreverレジデンスクイーン
ハイパーかつアーティスティックなコスチュームと、小悪魔的キューティズムを基盤としたパフォーマンスで2003年鮮烈デビュー。フラワーゴス、レトロスペイシーなどをモチーフにしたメイクを駆使し、最前線でダンスフロアを盛り上げるちょっぴり危険な真夜中のフェアリードール。女性性を全面に押し出した、全く新しいタ イプのドラァグスターである。

◆DJ&Lecture◆
Picorin(From すきすきーエレポ http://www.sukisuki-elepo.com/xoops/)
毎年ドイツで開催されているゴシックイベント・WGTの様子を、現地で撮影 した写真を使い、ファッション・ビジュアル面から紹介します。

◆DJ◆ ChouChou(From VelvetMoon http://www.velvet-moon.com/brigitte/)
女の子ボーカル大好き!可憐なガールズポップも暗黒ロリータも☆SUCRE も大好きです♪

◆Camera◆T.Ueda
◆Staff◆MerryMilk(CandyJane メアリ yurica さじ)

c0222662_11413251.gif

乙女冊子『SUCRE』の10th Anniversary Partyが決定致しました!
素敵なファッション・ショーやパフォーマンス、お店のブースもございます。
私chouchouもDJで参加させて頂きます。
この日は記念パーティーなので、ポップでキュートな女の子ボーカルをいっぱい持参致します。

☆どうぞ宜しくお願いいたします☆

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2010-12-05 16:30 | 愉快な仲間たちとのパーティー♪

『星空サロン 夢見 in あめりか村SOCIO VOL.5』

懸賞 2010年 11月 20日 懸賞

c0222662_10154898.jpg
『星空サロン 夢見 in あめりか村SOCIO VOL.5』

2010/11/20
開場:23時
ADD/2000<1D>
DOOR/2500<1D>

Cast
・GuestLive・
Rose de Reficul et Guiggles
ヴィクトリアンアンダーグラウンドというオリジナルジャンルを明示し風変わりな連中と舞台を踏むユニット。ロウズ ド レフィクァル エ ギグルス ひたむきに呼吸するその活動は2008年には書籍化、2009年には自らの謳うダークメルヒェンショウを副タイトル、そして軸にしつつ映画化された。即興無言劇、観る人それぞれの解釈でここに在るダークメルヒェンショウをご高覧あれ。
http://victorian666.com

血と薔薇
JET PEPPER TOWER、MAGIER SEXALICE、ALICE IN BATCAVEといったバンドでベースをプレイする傍ら、2009年より久々のソロ活動を再開。シモーヌ深雪、アリスセイラー等と共演を果たす。昭和歌謡とニューロマンティックを融合し本物の贋作を目指す。

・DarkCabaretLiveShow・
秋葉原紫音
キラキラ耽美ロマンティストが贈る。
哀愁のダークキャバレーショーライブ。
http://www.myspace.com/sionsdarkcabarett
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8175627

・絵画作家生声インタビュー・
chouchou×CandyJane/gaimon/genome.
普段作家さんに直接はなかなか聞けない由来やコンセプト等.
これを機会に解り易くステージから発信.
ファン必見.

・Art・
CandyJane(キャンディ-ジェーン) candyjane.org
京都在住 乙女画家。可愛いけれど怖かったり奇妙だったり。
そんなアンバランスな世界が好き。
2010.12.5(sun)に自身の発行するミニコミ誌SUCREの
10th anniversary partyを京都Lab.Tribeにて開催します。
イベントHP http://sucre1205.jugem.jp/

・AcousticLive・
gaimon
genome

・DJ・
VELVETMOON
http://www.velvet-moon.com/
sion★akihabara

・DreamingDolls・
夢子
一夜 ・booth・
Toe Cocotte
http://toecocotted.com
http://victorian.ocnk.net/mobile/SUCRE
http://sucre1205.jugem.jp/PANDORA
http://pandola.dayuh.net/index.html

【次回星空予告】
~SOCIO★2011011523:00~ 前売りチケット問い合わせ先
心斎橋SOCIO
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-11-5-2F
【tel】 06-6213-2060
【fax】06-6213-2061 
【e-mail】 music_socio@livedoor.com
http://idea-estate.co.jp/socio/
又はCastまで.


★今回はDJだけで良いのかと思いましたら、イラストレーターの方3人(展示もされます)に、私がインタビューするというトークコーナーがあると判明。先程、主催の紫音ちゃんとお電話で少し打ち合わせをいたしました。どうして?私が...という感じですが、紫音ちゃんのイベントのお役に立てるように頑張ります。
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2010-11-20 23:00 | 愉快な仲間たちとのパーティー♪

『耳に残るは君の歌声』少女フィゲレ~ビネッテ・シュレーダー★美しく幻想的な絵などを更新いたしました♪

懸賞 2010年 10月 19日 懸賞

c0222662_2355757.jpg

『クララの森・少女愛惜』にて、以下の更新をいたしました。

『耳に残るは君の歌声』少女フィゲレ(クローディア・ランダー=デューク)スージー(クリスチナ・リッチ)
『砦の町の秘密の反乱』 著:ニーナ・ボーデン★12歳の少女ジョーの垣間見た異国での秘密の革命
『クララからの手紙』著:トーベ・ヤンソン★短編集の中の少女たちはトーベ・ヤンソンの少女時代を想わせる
ビネッテ・シュレーダー(BINETTE SCHROEDER)★美しく幻想的な絵と矢川澄子さんの素敵な翻訳に魅せられて
[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2010-10-19 23:04 | 音楽・映画・文学★美しい関係

素敵な55歳☆郷ひろみ(HIROMI GO)☆Happy Birth Day☆色褪せない大好きな曲『夢みる頃を過ぎて』♪

懸賞 2010年 10月 18日 懸賞

★子供の頃から「ひろみ」と呼んでいるので、どなたかとの会話の中でも「ひろみ」と云っている。最近は「HIROMI GO」と呼ぶ方も多いので「HIROMI GO」と呼ぶことも。どちらにしても、ひろみ!1955年10月18日生まれ。55歳になられました!お誕生日おめでとうございます☆ツアーが開始していたのですが、この18日は武道館ライヴです。凄く盛り上がっただろうなあ...♪

ようやく涼しい季節になり「芸術の秋」深まるのは良いのですが、なんとなく「憂愁」に浸ってしまっています。珈琲を飲もうと「褐色の恋人」のフレッシュを一つ袋から取り出すと花言葉が付いていて、先程は「永遠の悲しみ」とあったので、何だかもう勝手に涙が出てきて仕方がないのです。特に悲しいことが有った訳ではないのに。

15歳で芸能界入り16歳でデビューのひろみが55歳。40年近いキャリアで一度も太った姿を見たことが無い。お腹が出ているとか二重顎とかのひろみを知らない。ストイックなひろみ美学を貫き続けるお姿には天晴れ!子供の頃からいっぱい夢と希望を与えてくださった。その方が今もなお現役でスターであるのだ。凡人には分らない苦悩や苛酷な道のりだろう、この先も。人々に夢を与える存在のお方はきっとその分だけの苦しみがあると思う。そんなことは充分に承知の上で、ひろみは「郷ひろみであるために」それらの苦しみを「苦」とも思わず自分に課されて来たし、そういう真面目な性分ゆえに今も輝き続けるのだろう。次のシングルは久しぶりにバラード曲だという。ひろみファンの男性も実は多いけれど、デビュー当時からルックスが優先され過ぎて、見逃されてしまう魅力の多いお方の代表でもある。けれど、歌が上手になりすぎてしまって、すっかり口先でハミングするには歌の下手な私にはとっくに無理になってしまっている。なんとも勝手なものである。ひろみのファンクラブは大阪発祥だという。10代の頃から今も大ファンであるという女優の萬田久子さんも武道館ライヴ行かれたのだろうなあ...とか。武道館の中に入ったことが無いものでいつの日にか☆

1975年のシングル『バイ・バイ・ベイビー』のB面のとっても大好きな曲『夢みる頃を過ぎて』が聴きたくなったので!動画ではありませんが曲も歌詞も大好きです。当時はまだLP盤は持っていなくて、シングル盤を母に買ってもらう子供でした。このシングル盤は今も持っています。伊丹のレコード屋さん...もう無いだろうな。おじさんの顔は今でも覚えているけれど☆


[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2010-10-18 22:15 | 郷ひろみ(HIROMI GO)讃歌

ピーター『夜と朝のあいだに』(1969年)★初めて美少年時代の歌うピーターを拝見し感激いたしました♪

懸賞 2010年 10月 13日 懸賞

c0222662_2147279.jpgc0222662_2147634.jpg
★ピーターの『夜と朝のあいだに』という曲は、子供の頃から妙に耳に残っていて今もやはり好きな曲です。最近、イベントでご一緒させて頂くことの多い『血と薔薇』という一人ユニットの方も歌われていて素敵でした。前回の『夢見』でもこの曲以外はオリジナル曲ばかりで、ティラノザウルス・レックス風な(影響を強く受けておられるのだと思います)楽曲たちで好きでした。次回の『夢見』(11月20日・土曜日@あめりか村SOCIO)でもご一緒なので楽しみです!この日は、大好きなシモーヌ深雪さまとのトークの第二弾もあるので嬉しい反面ドキドキ!前回は打ち合わせもほとんど無しで猛暑に「耽美な音楽のお話」でしたが、前半は「はい」ばかり言っていたようなので、今回はもう少しちゃんとお話できるといいなあ...と反省しています。シモーヌさまはDJでもご参加してくださいます。またいそろく君のストレインフォビア(STRAIN FOBIA)の劇や紫音ちゃんのライヴ、candyjaneちゃんのイラストの展示&販売...、また詳細が決定しましたらお伝えいたします。今回はかなり「デカダンス」な「夢見」になるようなゲスト・パフォーマーも予定させているそうですので楽しみです!

ピーターの『夜と朝のあいだに』ですが、1969年の曲だと知りました。当時まだ10代だった美少年ピーターはこの曲で新人賞を獲得したということもYouTubeで知りました。日本での中性的な雰囲気の美少年歌手の先駆は美輪明宏さまでしょうが、新人賞を獲得されたピーターもアイドル性を持っていたようなので新しいかたちの歌手であったと思います。けれど、「女の子のような綺麗な男の子」のスーパーアイドルは我が永遠のアイドル!郷ひろみ(HIROMI GO)の1972年の登場まで待たなくてはなりませんでした。

ピーターの歌声は少年ながら妖艶です。美川憲一さんの歌声が連想されるのですが、なんと美川さんもこの『夜と朝のあいだに』を歌われていました。1974年のLP収録らしきものが聴けました。動画ではないのですが、こちらも結構好きです。作詞はなかにし礼、作曲は村井邦彦です。やはり昭和の歌謡曲は良いです!ピーターの映画も好きです。歌手デビューと同年の『薔薇の葬列』や、桜田淳子が超美少女で大好きな横溝正史原作の映画『病院坂の首縊りの家』、クラウス・キンスキーが妖しく素敵だった寺山修司監督作品『上海異人娼館 チャイナ・ドール』(原作は『O嬢の物語』のポーリーヌ・レアージュ)のピーターも好きです。

お若いピーターが歌っています★名曲『夜と朝のあいだに』♪


こちらは美川憲一さんの『夜と朝のあいだに』♪

[PR]

# by musiclove-a-gogo | 2010-10-13 21:44 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

懸賞