『あこがれ共同隊』郷ひろみ&西城秀樹&桜田淳子共演ドラマ★主題歌『風の街』山田パンダ(1975年)♪

懸賞 2011年 02月 08日 懸賞

c0222662_11591997.jpg
★先月、お友達との会話の中で出てきた懐かしい『あこがれ共同隊』というドラマのこと。彼女は当時は秀樹のファンだったけれど、今思うとひろみも可愛かったと。このドラマは郷ひろみ、西城秀樹、桜田淳子という、ビッグ・アイドル3人の共演ドラマだったのです。私の最も古い記憶のひろみ出演ドラマということになる。秀樹や淳子出演ドラマも同様にこの『あこがれ共同隊』が最初に観たもの。でも、"観ていた"のは間違いないのだけれど、ストーリー等ほとんど覚えていない。ひろみが主役っぽくて、秀樹と淳子ちゃんがカップルで、三田佳子さんがお綺麗で...など断片がちらほら。そこで、お世話になりっぱなしのYouTubeで検索すると、その主題歌であった『風の街』を発見!山田パンダというお方の名を知ったのもこのドラマである。何せ、子供だったので"フォークソング"も知らないし、かぐや姫というグループもまだ知らない頃だった。この曲を聴いているうちに、もう少し想い出せそうな、不思議なノスタルジーに包まれるかのようです。この歌の作曲者は吉田拓郎とあった。"拓郎"というと、『ムー』や『ムー一族』の中のひろみの役名であり、吉田拓郎さんは『よろしく哀愁』をカバーされてもいるので嬉しきお方。

そして、調べてみると下記のような情報を掲載してくださっていたので、新たな発見いっぱいです。知らないことだらけでしたが、この主題歌『風の街』のバックコーラスには山下達郎も参加とか、キョンキョンも子供の頃観ていたとか記されている。小泉今日子というとデビューから今もひろみと同じ事務所所属で妹的な存在として、まだ小さなバーニング事務所の初期から活躍されているお方。当時はナベプロが一番大手の時代なので、今日のようなバーニングやジャニーズの逆転までの歩みを歌謡曲史として眺めてみると、やはり"郷ひろみ"というスーパー・アイドル&スターの存在(スタッフ方を含めて)の大きさを再認識いたします。勿論、秀樹も凄い人気だったし、淳子ちゃんも!しかし、それにしても、ひろみ&秀樹&淳子という、この超ハード・スケジュールであった組み合わせのドラマが実現していたことに驚いてしまう!そして、共演者たちの顔ぶれもとっても豪華!名優たちとフォーク界の大物たち。浅田美代子やシェリーも好きでした♪

『あこがれ共同隊』
1975年6月6日~9月26日まで、金曜日夜8時から1時間枠で放送されたテレビドラマ

【作品内容】
●東京原宿・表参道を舞台に、現代(当時)の若者たちの青春の生きざまを描く。縫製工場の見習いで主人公の八田広介(郷ひろみ)は、大企業の社長(高橋昌也)の息子だが父と衝突して独立。生活費を節約し、ファッション雑誌を読んで一流デザイナーを目指している。畠山竜也(西城秀樹)は酒屋の息子。不治の病に冒され、ジョギング中に発作を起こし、池にはまって命を落としてしまう(第7話までの出演)。畠山竜也の恋人役として桜田淳子がドラマ初主演。第1回には山口百恵もゲスト出演した。主題歌を歌った山田パンダも、原宿のジャズ喫茶のマスター役でレギュラー出演。南こうせつ、伊勢正三、イルカ、りりィ、吉田拓郎等、当時の人気フォークソング・アーティストも多数ゲスト出演した。

【キャスト】
郷ひろみ (八田広介・主人公)
西城秀樹 (畠山竜也・酒屋の息子)
桜田淳子 (黒沢明子・畠山竜也の恋人)
高橋昌也 (八田広介の父)
黒柳徹子 (畠山竜也の母)
三田佳子 (黒沢令子・黒沢明子の姉・八田広介の父の愛人)
田中邦衛 (八田広介の叔父)
森本レオ (志郎・畠山竜也の家の住み込み従業員)
シェリー (正子・志郎の恋人)
せんだみつお (海老蔵・黒沢令子の喫茶店のボーイ)
浅田美代子
長門裕之
黒沢久雄
常田富士男
山田パンダ
吉田拓郎
玉川良一

【スタッフ】
脚本:柴英三郎 、西条道彦、内田栄一
プロデューサー:大山勝美
演出:堀川敦厚、峰岸進、片島謙二、近藤邦勝
音楽:
主題歌:山田パンダ「風の街」(作詞:喜多条忠、作曲:吉田拓郎、編曲:瀬尾一三)
1975年6月発売
制作:TBS

参照・引用:wikipediaより


★ドラマ『あこがれ共同隊』の主題歌☆山田パンダ/風の街(1975年)♪

★上のお写真素敵です!ひろみと秀樹が肩を組み合っていて、淳子ちゃんと百恵ちゃんも可愛い!せんだみつおさんも面白かったなあ。また観てみたいです♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2011-02-08 11:49 | 昭和のアイドル・歌謡曲・TV曲

<< 桜田淳子『しあわせ芝居』(19... 懸賞 桜田淳子『気まぐれヴィーナス/... >>