お気に入り男優★ヘルムート・バーガー:HELMUT BERGER

懸賞 2007年 01月 13日 懸賞

c0222662_90644.jpg

ヘルムート・バーガー:HELMUT BERGER
生年月日:1944年5月29日 双子座 オーストリア・ザルツブルグ生まれ
本名:Helmut Steinberger
身長:186cm 髪:ブロンド 瞳:ブルー・グリーン


★「私はヴィスコンティの未亡人」と本人が語ったようにヘルムート・バーガーとルキノ・ヴィスコンティとの親密な関係は忘れることはできない。ヴィスコンティの死後、1977年には失意の中自殺未遂を図るが助かって良かった。イタリア女性と結婚したが後に離婚している。1990年の『ゴッドファーザー3』以降、全く日本公開作品はなく残念でならない。でも、ヘルムート・バーガーはヴィスコンティの寵愛を一身に受け、外見の美しさだけではなく、あの頽廃的な狂気や内に秘めた繊細さを『ルードウィヒ』等の作品の中で堪能することができる。ホテル業を営む家に生まれるが、幼い頃から女装したりお化粧したりお芝居に興味のある少年だったという。イタリアで演技の勉強をし、イタリア語、英語を学ぶ(ドイツ語、イタリア語、英語、フランス語に堪能)。ヴィスコンティ亡き後は何か美しすぎる不幸。しかし、稀なる個性と美しき男優で比類なき存在。もうこのような芳香の美しきスターは現れないだろう。

まだ好きな男優さまを一人も書いていないので、そろそろ挙げていこうと思う。今現役で一等好きな男優さまはジェレミー・アイアンズ。アラン・ドロンを最初にしたい気もするし、ダーク・ボガードも、マチュー・カリエール、ジェラール・フィリップ、イヴ・モンタン...と浮かぶ。この世にもう居られない方やおじ様方が並んでしまう。でも、初めてその美しさに魅了されたお方はヘルムート・バーガー。取り憑かれたという感じだろうか。ただ美しいだけではないあの魔性の魅力。妖しく変!またそんな役が多いしお似合い。でも、抑えた演技の青年役も素敵。一番有名なのは『地獄に堕ちた勇者ども』だろう。私の最初の出会いはグラビアのお写真。そして、動くお姿を拝見したのはテレビで観た『雨のエトランゼ』。その日から熱狂。どこか冷たい翳りの漂う浮世離れした風貌。マルティンともルートヴィヒ2世とも違う、このアランの衝撃は今も忘れられないもの。こんな衝撃を受けたのは、デヴィッド・ボウイ以来。特に70年代の作品群が好き。もう、今は60歳を過ぎておられる。でも、素敵な老紳士として晩年のジャン・マレーの様にチラリとスクリーンでお目にかかれる日が来るかも...なんて考えてにんまりしてしまう。

●代表作●
ゴッドファーザーPART 3 (1990)
スコルピオン・キッス (1990)
フェイスレス (1988)
コードネームはエメラルド (1985)
官能のメヌエット (1984)
ザ・ビッグ・バトル (1977)
エンテベの勝利 (1976)
カジノの男 (1976)
サロン・キティ (1976)
愛と哀しみのエリザベス (1975)
暗殺指令・虎狼の手口 (1974)
家族の肖像 (1974)
別離 (1973)
ルードウィヒ/神々の黄昏 (1972)
悲しみの青春 (1971)
雨のエトランゼ (1970)
ドリアン・グレイ美しき肖像 (1970)
地獄に堕ちた勇者ども (1969)
華やかな魔女たち (1966)

[PR]

by musiclove-a-gogo | 2007-01-13 08:57

<< 『さよなら子供たち』 監督:ル... 懸賞 お気に入り監督★ルキノ・ヴィス... >>