メレット・ベッカー(MERET BECKER)『ロリータ(LOLITA)』(1998年)『夢魔(NACHTMAHR)』より♪

懸賞 2009年 04月 01日 懸賞

c0222662_1322667.jpg

★メレット・ベッカーはドイツの女優であり歌手でもある。この『夢魔』は1998年のセカンド・アルバムで日本盤はこの作品しか発売されていない。私は「アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン」や「ニック・ケイヴ」人脈にとても興味を持ち続けている中で知ったお方。二ナ・ハーゲンとの親交もあるお方。メレット・ベッカーのこのアルバムが彼女の世界だと思うと物足らない。映画を観ても、他の作品でも、この『夢魔』の中でさえ、様々なお顔を見せてくださる。これぞ!表現者的なるもの。私の好きなヴォーカリストには”表現者”という言葉の似合う方々が結構多い。ノイバウテンのメンバーでもあるアレクサンダー・ハッケ(アレックス)はメレット・ベッカーのご主人で、このアルバムのプロデュースを始め、不気味なメルヘン世界、ノイズ・コラージュやギター、ヴォーカル参加と欠かせない存在。解説には書かれていないけれど、ドイツの名優でメレット・ベッカーの父親でもあるオットー・ザンダーのヴォイスがアルバムの中で聴けるのも個人的に嬉しい発見でもあった。ノイバウテンとルイス・キャロルの融合する世界・・・正に”夢魔”★私の好きな歌姫。少しブリジット・フォンテーヌ、少しダグマー・クラウゼ、そしてロッテ・レーニャ、ワイマール時代のドイツ...マレーネ・ディートリッヒのお姿も連鎖する♪

ほら、ごらん、
あそこに居るのは去年のロリータ
もうすぐ彼女も
ただの無邪気な女
そうなればもう
ロリータとは呼べない
ロリータはいつでも余計な知恵がついていて
本心以上のことをやってしまう
ロリータは正真正銘のあばずれ
メイクなしで軽くパウダーをはたいたあばずれ
まず微笑んで、ふてくされて
その後で意味ありげな視線を送る
そして急に激しく泣きじゃくって
小さな脚を乱暴にばたつかせる
でもこの脚に腰がつくと
ロリータはただの無邪気な女になる

「ルル」の愛称を持つ無邪気な女は
女だけど、まだヴァージン
ルルは口をとがらして
子供っぽさを失ってはいけない
そうしないと すぐに
オバアチャンになってしまう

シワだらけになって 誰にも振りかえられなくなって
精神的な価値を失ってしまう
みんなが ディーヴァやファム・ファタルになれるわけじゃないし
極めて平凡な年寄りになってしまう娘が多いから


『ロリータ』 対訳:岡本和子


RECORD&CD SHOP VELVET MOON ← 取り扱っております。どうぞ、無料の会員登録もお願いいたします。未登録作品が多数ございますが毎日更新しております。また、私宛への伝言等がございましたら、お気軽に「お問い合わせ」よりください。宜しくお願いいたします♪
[PR]

by musiclove-a-gogo | 2009-04-01 19:14 | 洋楽ロック・ポップス★90年代

<< ニコ(NICO)『ヒーローズ(... 懸賞 イザベル・アンテナ(ISABE... >>